猫空にて
e0129842_211721100.jpg

台湾で初めてのお茶は、ここ猫空で。
台北の中心部から地下鉄とバスで45分といったところ。
台北を見下ろす小さな山で台湾茶を代表するお茶、木柵鉄観音の産地です。
e0129842_2130693.jpg

e0129842_21302111.jpg

e0129842_21343667.jpg

小さな山にはお茶畑と茶館が点在。
お茶農家さんが経営しているものも多いようです。

茶館集中スポットは山頂と中腹。
まずは山頂に到着したわたしですが、あまりにたくさんの茶館があるので、
迷って決められず・・・

バスに乗って、中腹まで降りてみることに。
運ちゃんに

「どこ行くの?邀月(←有名な茶館)か?」

と聞かれ、決めてたわけじゃないけど、
そこら辺、ぐらいの気分でうなずいておきました。

降ろされたのは邀月の前。
50mぐらい上がれば他にも茶館が。
と、

「こっちだよ」

と一緒にバスを降りた学校帰りの小学生に手招きされ・・・
せっかく教えてくれてるので、これが決めてで本日の茶館決定。
e0129842_21303994.jpg

この男の子、ずんずん進んで、時々後ろを振り返って待ってくれる。
木の上から聞こえてきたなにかの鳴き声に

「リスだよ、ほらあそこ」

と教えてくれる。
最後に

「ただいま〜!お客さ〜ん!」

あ、お店の子でしたか(笑)

邀月茶房はガイドブックや雑誌にもよく登場する茶館。
台北の町は見えないけれど、山間に点在する客席、緑に囲まれた静かな空間が売りです。
e0129842_21342084.jpg

e0129842_21312368.jpg


客席の傍らにはお茶の木も。
e0129842_21384541.jpg


ということで、やや風の強い日でしたが、無理矢理屋外にて。
e0129842_2132393.jpg

e0129842_21382618.jpg


台北一日目、日が落ちるまで。
[PR]
by paocha08 | 2009-05-17 21:44 | その他