台北でお茶を買ってみる
台北2日目。とうとうお茶屋さんに。
初めてのお茶屋さんって、じつは結構緊張するのですよ。
どんなお茶をどんな感じで出してくるのか。
好みが合えばよいですけど・・・

さて、台北のお茶屋さんは?

まず最初に行ったのは、ガイドブックでもおなじみ、お茶請けが種類豊富で
おいしいと評判の「新純香」。

天邪鬼でガイドブックは必ずしも当てにならないと思っている私は、
やたら掲載されているお店は避けるのが常なのですが、
元駐在員さんにも評判がいいし、
初のお買い物場所としていいかな、と思ったので。

テーブルに座ると、茶葉のプライスリストを手渡されました。

「どのお茶が飲みたいですか」

「・・・っていうか、今入れてるそれはなんですか?」

はい、シャンユエン、あてがあるわけではないので。
台湾茶、どれが欲しいかどころか、種類の違いも味や香りの傾向も、
ましてお値段の相場もわかっていないのですよ。
まずは基準作りからです。

でも、どのお茶のどのお値段のが飲みたいか尋ねられるので、
お土産用に一番人気のあるお値段のものよりもワンランク上のものと
もうひとつ上のもの、2種類の飲み比べをお願いしました。

ふぅー、難しい。

お値段的には100gで200台湾元ずつ(1元=3円)
ランク分けされているのですが、これがたった600円で、かなりの差。
まだまだ上があるので、すべてのランクを飲み比べしたいぐらいでしたが・・・
まだここ1軒目だし、予算の都合もあるし。

このお店、日本語100%OKでした。
こちらが、多少方言でなまっていても、かなり口語でくだけた感じで話しても。
なにより、慣れているせいか、日本人が気になる質問にきちんと答えてくれます。
これ、言葉以上の大問題。
大陸じゃ、なかなかこうはならないね(爆)

混雑振りと時間の都合であまり突っ込んだお話はできませんでしたが、
それでも、海抜にこだわらない(ちょっとお値段が控えめになる)梨山の冬片(冬茶)を購入。
プライスリストには盛り込めない商品の詳細。
こちらの要望がはっきりすれば、いろいろ応えてくれそうな予感もするお茶屋さんでした。

<試飲リスト>
東方美人 2種
金宣 2種
梨山 冬片
阿里山 春茶
その他、他のお客さんが試飲していたお茶2種

不完全燃焼気味だったけど、こうして書いてみると
結構飲んでます・・・茶腹、日頃の訓練で鍛えられてる?!

さて、次行こうーー!!
[PR]
by paocha08 | 2009-05-24 11:47 | お買い物