欧米系カフェ
さて、再びコーヒーのお話に。

外国人の多い上海。
普通に人口が多いのだけど、外国人の数も半端なく多いので、
街には至る所に欧米系のカフェがあります。

「欧米系」とは、私が勝手に言っているだけなのですが、
他のローカル店とは明らかに違うのでこの言い方にも納得して頂けるかと。

違いは、

1お値段、2言語、3インテリア、4お客さん、5味と素材

・・・あらら、こうして書いてみると、
じゃ、なにが同じなのか?っていうぐらい違いますね。

お店に一歩入ると別の国に旅行にでも来たような錯覚なるくらい違います。
上海で暮らす日本人を含め、外国人にとって、
中華文化から解放され、ほっとできる、なごみの場所ですからね。

コーヒーは一杯25元~35元。
フードメニューはサンドウィッチやバーガー系で60~90元です
e0129842_21412444.jpg

・・・って、高いですねー。
カフェのつもりで入ったら、ドリンクとセットで
1500円とか2000円なんですから。
ま、ものすごくボリューミーなんですけど。
e0129842_21361319.jpg

こういうカフェは、ほとんどがイタリアのコーヒーメーカー、
illyの看板を掲げていて、ちゃんとしたコーヒーが飲めます。
水道水の味がすることはまずありませんね。

言葉も英語でOKだし、ドリンクはもちろん、
フードメニューでも中国の味や香りがすることはないし、
店員さんの接客も◎。
お客さんのお行儀も◎ですからね。
お財布にだけは・・・。
[PR]
by paocha08 | 2009-07-09 21:42 | その他