つられて大紅袍
e0129842_19412860.jpg


また、今年もこの時期が来ました。
サントリーが高級烏龍茶ペットボトルを発売する季節。
今年も岩茶、大紅袍が330mL、1260円でオンライン販売されています。

先日に引き続き、今日はサントリーさんの特許から、
そのまま、サントリー式大紅袍のおいしい淹れ方を。

サントリーさんの研究によると、
味と香りのバランスがよい大紅袍を淹れるには
90℃のお湯1Lあたり50gの茶葉で
5分がベストの抽出方法だそうです。

花香と呼ばれる香りは80℃以上で出るそうですが、
95℃以上だと渋みが出るそうなので、
その間の90℃ぐらいが、ちょうどいいとか。

茶葉量は65gにしてみると、ちょっと多すぎて渋いそうで、
1Lあたり50g。

・・・あくまで、サントリーの扱ってる茶葉で、のお話ですが。
ちなみにこの条件で抽出したお茶は商品としては、
やや濃いようで、これを薄めて試飲試験をしています。

この研究結果が今回の高級ペットボトル茶に
実際に採用されているかどうかはわかりませんが、
いずれにしても、サントリーが岩茶の中でも大紅袍に
力を入れていることがよくわかる特許でした。


ちなみに写真は我が家の大紅袍。
純粋大紅袍茶葉ではなく、いくつかの岩茶のブレンドで味を再現したモノです。
サントリーの雰囲気あるコピーと吊り広告見てたら、つい(笑)
久々に淹れました。
秋は岩茶が合いますね。
[PR]
by paocha08 | 2009-10-19 19:48 | 青茶