2009秋、総括
そろそろ厚手のコートに替えてもいいかな、と思う今日この頃。
お茶も一段とおいしくなってきました。
そんな気分は皆同じで、秋はお茶会シーズン。
10月から11月にかけて、いくつかのお茶会に出かけてみました。

茶館、常淡茶舎。
e0129842_1840716.jpg

徹底してコーディネートされた落ち着いた店内で、
まったりとプーアル茶5種類を飲み比べるお茶会は、
秋の夜長にぴったりとはまり、上質なお茶時間。

香港の茶荘で働くIさんが一時帰国で開催してくださるお茶会には2回目の参加。
e0129842_18444414.jpg
e0129842_18435966.jpg
e0129842_184433100.jpg

半端じゃない数を飲み比べるそのスタイルは
本場の茶荘仕込で、研究熱心なIさんならでは。
お茶もお茶請けも、そして現地情報も満載で、身も心も満腹になるお茶会でした。
ごちそうさまでした。

e0129842_18462963.jpg

香港で教室を開く先生による、とある大学のオープン講座。
こちらは定員30人と大人数での試飲になりました。
先生の立ってお茶を淹れる姿が美しく、姿勢の大切さを再認識。

e0129842_18454791.jpg

審評用のお碗がずらりと並んだこちらは、
中国茶インストラクターの方々が開いたイベントの1プログラム。
30種類のお茶を評茶の形式で飲み比べるという試み。
主なお茶がずらりとそろって並ぶその様子、圧巻でした。
しかも、梨山烏龍茶、木柵鉄観音、水金亀あたりは、
この飲み方でもかなり美味しかったです。

e0129842_18465049.jpg

この体育館のような大会議室にいっぱいの人がお茶を楽しむ
とっても不思議な光景は「地球にやさしい中国茶交流会」で。
個性溢れるお茶席は、遠くからチラ見するだけでも、とても勉強に。
座れば、また、淹れ手の個性がにじむお茶が楽しめて、
次が待ち遠しくなるお茶会です。

秋の最後は、縁あって淹れ手で参加するお茶会。
どれだけお茶会に参加しても、ホストとゲストでは大違い。
ゲストとしては意識さえしていなかったことが、
実はホストの段取りや気配りで成り立っていたりして。
いろいろ気付かされる、よい機会になってます。
e0129842_18474380.jpg


茶芸師&評茶員シャンユエン、もっともっと精進スベシ。
[PR]
by paocha08 | 2009-11-25 19:08 | その他