万博とお茶
上海万博のニュースもめっきり聞かなくなってきた今日この頃。
今年の東京の猛暑でさえ目じゃない上海の夏、、、どうなってるんでしょ。
e0129842_045626.jpg


上海万博とは関係なく、中国茶の世界では万博というのは、よく出てくる単語です。

「パナマ万博で金賞受賞」

お茶の教科書にも出てくるし、
販売されている茶葉の宣伝文句にもよく使われています。
なので、「ほう、国際的に評価されているのか、ナルホド」と思っていましたが、

そもそもパナマ万博って、100年ぐらい昔の話じゃ、、、

気づくまでかなり時間がかかりました(1915年開催です)。
古くから国際的に評価されていると言いたいのはわからなくもないけれど、
美術・工芸品でもあるまいし、100年も前じゃ、、、
産業も流通も、生活習慣もかなり違うよねぇ。

しかも出てくる万博は様々な事情によりこの1回だけ〜。

ということで、今日はパナマで金賞だったというお茶の1つ、
坦洋工夫の話。
e0129842_034262.jpg


坦洋工夫は、福建省福安市(北東部の海寄りの地域)
あたりで作られている紅茶です。
パナマ万博で金賞を受賞し、当時は盛んに輸出されていたものの、
中国内の緑茶ブームなどに押されて、他の茶葉を生産し始めたために衰退し、
かなりマイナーなお茶になっていたのですが、
なぜかここ2年ほどで突然復活。
国内での知名度を上げていて、価格も急上昇しているようです。

2年半前は、すごくマイナーで、とあるお店の棚を
隅から隅まで見ていてやっと見つけた坦洋工夫。
今では、あちこちの看板に書いてあるし、
市場内には専門店も出現しています。
私の努力は・・・
e0129842_064154.jpg


明るい湯色、甘い香り、なかなか芳醇な紅茶です。
100年前、遠路はるばるパナマ万博(開催はサンフランシスコです。)に
出品された坦洋工夫って、どんな感じだったんでしょう。
あの距離、船で運ばれて行ったのですもんねぇ。

パナマ万博のお話は掘り下げると突っ込み処満載、
疑問も満載なのですが、そのあたりは、また機会があれば!
[PR]
by paocha08 | 2010-08-31 23:48 | 紅茶