1分洗う?
e0129842_22541722.jpg

3連休の最終日、シャンユエン家の近所では、朝からセミが鳴いていました。
もう10月中旬なのに、、、
でも、友達の結婚式には、この上ないお天気でした♪
e0129842_22563967.jpg



さて、昨日テレビを見ていたら、お笑い芸人くんが
行き当たりばったりで、中国の世界自然遺産「廬山」へ。

廬山は、古くから中国の詩人に愛された景勝地で、
1996年に世界自然遺産に登録されています。
番組では、毛沢東が別荘を構えたという解説でしたね。

そんな廬山で芸人くんが宿泊させてもらったのが、お茶農家。
はっきりお茶の名前は出てきませんでしたが、この地域で作られているお茶

「廬山雲霧」

という緑茶の農家だと思います。
1年で260日余りを霧に囲まれる廬山は美味しいお茶作りに最適らしく、
そのお茶栽培の歴史は、晋の時代=A.D.300年代にまで遡るようです。

さて、番組ではお茶をごちそうになる場面があるのですが、
気になったのは、その煎れ方。

お湯を注いで1分蒸らして、捨て(洗茶)、
2煎目から飲んで、4煎目が一番美味しいそうな

洗茶の場合、旨みが出てしまわないように、
できるだけ手早く捨てるのが原則で、市場などでも即捨てた後、
2煎目をゆっくりめに抽出して出してくれます。
ちなみに緑茶の茶芸に至っては洗茶さえ、しないほど。

なのに、1分って・・・!!

でも、お茶農家の方は、自分たちのお茶を知り尽くしているはずだし、
客人に出すお茶なので、一番美味しい煎れ方のはず。

もし、廬山雲霧を手にすることがあれば、やってみましょ。
[PR]
by paocha08 | 2010-10-11 22:59 | 未分類