万博十大名茶
せっかくの週末のなのに台風ですって。
本来ならよい季節なので、各地でイベント満載の週末なのに。
静岡では世界お茶まつり開催中〜
私、マニアックにも2001年の第1回に居合わせました。
当時はお茶に興味もなく、ほんとにたまたま”居合わせた”だけでしたが。

e0129842_124577.jpg


さて、十大”迷”茶の話をしたので、
ニュースソースのはっきりしている最近選ばれた名茶を。

万博十大名茶。
中国で万博は「世博」なので、中国世博十大名茶と呼ばれているようですが。
上海万博の国連館で展示&提供するお茶を中国世博十大名茶招管委員会(と上海茶葉学会?)が選んだそうです。
2009年からの数回に渡る評価会を重ねて、選ばれたのは、この10種類。

安渓鉄観音
都匀毛尖
福鼎白茶(太姥銀針)
湖南黒茶
西湖龍井
武夷岩茶(大紅袍)
潤思 祁門紅茶
一笑堂 六安瓜片
天目湖(富子)白茶
張一元 花茶

どうやら、選ばれた順番とかも重要らしいのだけれど、
メディアによって、順番がばらばらに書かれています。
地方メディアだと自分たちの地方のお茶を一番に書いたりするから、、、
上の記載は国営の新華社通信の2/28の記事から

十大名茶、一部にメーカー名が入っています。
メディアの発表を見ると、万博開催前の発表はこれぐらいなのだけれど、
実際の万博に行った方の写真を見ると、世博十大名茶というパネルには
もっとメーカー名が入ってたりするようで・・・

早くも混沌としてきたっ!!

そのうち、違うメーカー名が勝手に入ったり、
入ってたメーカー名や産地名が取れちゃったり、
で、最後に、「中国世博」っていう頭書きも取れて、
いろんな「十大名茶」に紛れちゃうんだろうな〜

しかも、割と近い将来に・・・(笑)
[PR]
by paocha08 | 2010-10-29 23:54 | その他お茶