香港といえば、飲茶でしょ
・・・ということで、
香港は3泊4日の滞在で、4回飲茶しました。

いずれもワゴン式。
なにが回ってくるか、という楽しみに、見て選べる楽しさがありますね。
こちら、最終日にもリピートした倫敦大酒楼
e0129842_21524187.jpg

e0129842_21511269.jpg

e0129842_21513199.jpg

e0129842_21515090.jpg

名前がイケテナイので、どうかと思ったのですが、
朝からたくさんの香港人でいっぱい。
常連さんが多いのか、束のような新聞を持ち込んで、のんびり飲茶してました。
落ち着いていて、リーズナブルで美味しいし、
地元の人が飲茶をどう楽しむかを間近に見られて、よかったです。

こちらは、とてもローカルな雰囲気で、結構ハードルの高い飲茶「蓮香楼」。
どのガイドブックにも載っているので、観光客も多いのだけれど、
この雰囲気、皆さん、大丈夫なんでしょうか?
e0129842_21533635.jpg

席は争奪戦。
供給が追いついていないので、点心も争奪戦。
ワゴンの周りは、すごい人だかりです。
e0129842_21534396.jpg

e0129842_21532525.jpg

e0129842_21532183.jpg

超地元のおじいさんと相席になったら、お茶碗の洗い方とか
親切に教えてくれました。

こちらは、駐在マダムのブログで下調べしていたCity hall内のレストラン
大會堂 美心皇宮
お昼時は行列必至だそうです。
シャンデリアの輝く大宴会場に、ぎっしりの丸テーブル。
テーブルには、お花と銀ポットのお湯とお茶が用意されて、小綺麗な飲茶です。
ご家族・親戚や親しい友人との団らんという雰囲気のテーブルが多かったでしょうか。
e0129842_21543474.jpg

e0129842_21545043.jpg

e0129842_21553892.jpg

ビクトリア湾も見える明るい店内でしたが、
レストランとビクトリア湾との間の土地は再開発か、なにやら大規模な工事中。
もしかしたら、次回は景色が望めないかも。

さて、3件で出てきたお茶は、ジャスミン茶か普洱茶。
香港人のおじさんのテーブルは、9割方普洱茶でしたね。

香港の普洱茶は、大陸で飲むものに比べてニオイが強く
ちょっと苦手だったのですが、
やはりその土地の食べ物とお茶の相性というのは、すごいもので。

3日目にはすっかり慣れたのもあって、
しっかり購入して帰りました。
[PR]
by paocha08 | 2011-05-18 22:41 | その他