South of the Clouds
今日は珈琲です。

今日のタイトルなんか素敵でしょ。
雲の南→雲南なんですけど。

e0129842_0111128.jpg


スターバックスのご当地ブレンドコーヒーで、
雲南省の豆とアジア太平洋地区(←広っ!)産豆のブレンドです。

中国名は「凤舞祥云」(=鳳舞祥雲)。
なんかいい感じですね。
パッケージも鳳凰と雲。

雲南のコーヒー栽培は、結構昔から(100年くらい?)細々と続いていたらしいのですが、
ここ数年、注目されていて、スターバックスは、2009年から自社農場を作って、
本格的栽培に乗り出したよう。

新興国での消費量が増えたり、生産地の賃金が上がって、
価格が高騰しているコーヒー豆。
最近は、スターバックスの他にも、新たな産地として雲南に
注目している企業がたくさんあるようです。

日本の企業では、UCC上島珈琲が最近取引を始めるかどうか、
というところらしいです。
(→ちょうど、NHKの番組で特集していました。)

ふーん、どうりでお茶博やお茶市場で珈琲の看板を
見かけるようになったわけですね。
茶葉に次いで、有力な外貨獲得源になりそうですもんね。

そんな話はともかく。

このコーヒー、スターバックスらしい仕上げながら、
苦みも少なめで、なかなか美味しいです。
今までいくつか飲んだ雲南100%のコーヒーは、少し土臭い感じがしましたが、
そんなこともなく、あっさりしていると思いました。
たまたまなのかもしれませんが、ぷっくぅ〜と膨らむぐらい新鮮だったし。

駐在していると非常に困る一時帰国のお土産。
スターバックスなら、ブランド的にもパッケージ的にもウケがよいかも。
オススメです。

ちなみにお値段は、250gで95元。
普通に日本でスターバックスの豆を買うのと同じぐらいでしょうか。
[PR]
by paocha08 | 2011-06-09 00:46 | その他