どこかで見た顔
軽いサイクリングがてら、博物館へ。
e0129842_9521581.jpg


常設展の他にやっていた展示は古い珈琲店の店主さんのコレクション。
世界を巡り歩いて集めた珈琲器具、そして、未開封のコーヒー粉(!)まで。

その中に我が家と同じ、
e0129842_9581194.jpg

ひどい顔が(笑)
別に3Dではありません。
微妙なズレ加減だけど。

e0129842_9594019.jpg

シャンユエン家の場合、長径20cmぐらいの楕円形のお皿の一部ですが、
博物館で展示されていたのは、同じ柄のコーヒーカップとソーサーでした。
絵付けのズレ加減や陶器の古さ加減からして、たぶん同じ年代の同じシリーズかと。

私は、30〜40年前の景徳鎮を中心に扱っている香港のお店「事百機」で、購入。
ガイドブックにも載っているお店ですが、倉庫みたいで、
ちょっと昔の香港好みなのか、大陸ではあまり見かけない派手な絵付けの
景徳鎮がいっぱいで楽しかったです。
塗料の関係で食器には使えないものもある、との情報もありますが。

どれもかなり大雑把な手描きなので、
アップで見るモノじゃないですが、アップで見ると、突っ込み処満載。
[PR]
by paocha08 | 2011-06-25 09:34 | 茶具