香港の茶荘へ
雑な顔のお皿のことを書いて、
香港旅行が途中になっていたことを思い出しました。

しかも、肝心のお茶話が。

e0129842_19361252.jpg


香港でのお茶は、新星茶荘で。
ビクトリアハーバーも見える眺めのよい32階のお店で、
上海とは違う香港らしいお茶を。

・・・というと、必然的に普洱茶に。
創業時に(今も?)卸商として営業していた強みで
うん十年ものの生茶など、出処もしっかり説明してもらえるビンテージが山ほど。
ご予算さえあれば・・・(笑)

お店が毎年オリジナルで作っている餅茶のシリーズもあって、
山、シーズン、配合など、確実な情報つき。
パッケージも香港らしく、モダン。

一過性の普洱茶ブームに乗った上海でお茶の素性に関しては半ば諦め、
味の好みだけで、買い物している状態とは、雲泥の差ございます(爆)

香港人のお客様の好みは、断然ビンテージの普洱生茶のようですが、
お財布が・・・

こちらは、社長企画のお茶。
昔ながらの香港人好みに仕上げた普洱熟茶だそうで。
e0129842_19421096.jpg


いろいろ説明して頂き、試飲もさせて頂き、
持ち帰ったのは、2.85kgのお茶でした・・・

円高ありがとーーーー!!


新星茶荘、30ドル〜2時間まで喫茶の利用も可能です。
お昼の眺めもすばらしいけれど、夜景、きれいだろうなー。
[PR]
by paocha08 | 2011-06-28 21:02 | 黒茶・プーアル茶