「へうげもの」
e0129842_2341749.jpg


この春、NHKでアニメ化されて話題になっていた漫画「へうげもの」。
普段全く漫画を読まないシャンユエンですが、茶道仲間から借りて読みました。

茶の湯に関わる人間関係に焦点を当てて戦国の世を描いた歴史もの。
実在した武将(茶人)古田織部が主人公です。

男性向けの漫画ではありますが、
茶の湯の精神やもてなしの心構えが分かりやすく描かれており、
なかなか面白かったです。

茶の湯にまつわる主人公の悩みや欲、試行錯誤は、
茶道だけでなく、お茶に関わる全ての人に共通するものがあるところかと。
「ある、ある」と思うのですが、
漫画を通すと、こんなに滑稽なこと・・・みたいな(爆)

中国茶の世界は、
形式がなく、最初から自由に淹れることが許されるし、
自分で道具を揃えたり、お茶会を開催したりする機会が身近。

主人公古田織部の心情や企みは、中国茶界の方にこそ
現実的で、身近なものに感じられるかも。

先週は、こんな漫画を読んだところに、
裏千家家元の講演会があり、茶道週間に。

茶道界のカリスマ利休、古田織部の世界を漫画で見たあと、
家元の話を聞いて、
茶道にも、自由と臨機応変な世界があるんだな、と思いました。
ただし、極みまで行けば、の話なのですが。

家元の講演のお話は、また別の機会に。

ちなみに茶の湯の漫画を読みつつ、
この日の飲み物はカフェオレでございました。
ちゃんぽん?
[PR]
by paocha08 | 2011-07-29 00:02 | その他