茶腹な上海 〜初日〜
仕事納めの翌日、始発のバスもない時間に家を出て、
一路、上海へ。

着陸から1時間半と、かつてないほどスムーズにホテルにチェックインしたら、
まずは、いつも通り、天山茶城へご挨拶。
e0129842_952621.jpg

今回は、茶具、茶葉を買いたいという友人を伴っていたので、
まずは、上海でのお茶の売り方、買い方を一通り見てもらうため、
茶城内をざっと見て歩く・・・つもりが、大興奮で、
試飲もしてないのに、「あれ買う!これ買う!!」と大騒ぎ ( ̄Д ̄;;
すべて無視して、通訳せず(笑)

なだめて、すかして、今晩からホテルで飲むお茶だけ購入して退散。

大急ぎで向かった先は、駐在員奥様御用達の景徳鎮専門店「小岩堂」。
到着が閉店30分前になりそうだったので、タクシーから、電話。
「今向かってるから、開けておいてね」
(↑これ重用。お客さんいないと勝手に閉まっちゃったりするから。)
セール中だとの情報を得ていたので、必死デス(笑)

夏頃に、窯が火事になった、という噂を聞いてたので、老板に
「今年火事があったって聞いたから、品物もっと少ないかと思ったー」
と言ったら
「うちの工場は火事には遭ったことないですよ。他のところじゃないですか?」
と。

あ、そうなんだ、じゃ、よかった。

・・・火事の件は、上海在住の友人との話で、注文分が半年経っても
納品出来なかったときの言い訳だったと判明。
あ、そういえば、「火事」は常套手段だったね、中国(笑)

それはともかく、小岩堂、行くたびに茶器が減っている印象。
聞くと、工賃が上がっているため、複数のパーツを必要とする茶器、
蓋碗や茶壷は、割に合わないそう。

・・・うーん、これから、どんどん減るのでしょうか。
確かに、壷とかお皿の方が需要も多そうだしね。
e0129842_9282541.jpg

ということで、シャンユエンは、これを機会に
見る度に、なぜか踏み切れなかった茶杯を購入。
セールと円高につられて、お皿も買って、初日から荷物が・・・。
[PR]
by paocha08 | 2012-01-08 09:32 | 茶腹旅