雲南料理はブームになる?
NHK教育の5分番組「まる得マガジン」。
今月、来月は、謎に「雲南料理にチャレンジ」だそうデス。
なんで、急に雲南料理?!

e0129842_23443936.jpg

大したことは書いていないけど、唐突さがあまりにおかしかったので、
テキスト買ってみました。

うーん、雲南料理って、そもそもよくわからないんですよね。
広いし、少数民族がいっぱいで、文化もそれぞれだし。
本場雲南省の麗江にも行ったし、上海でも2軒の雲南料理店に行ったけど、
どこも出てくるもの違うし。
雲南の特徴と言われれば、きのこと虫(要注意!)・・・ぐらいでしょうか。

お店も暗かったし、もはやなんだかわからないけれど、麗江にてある日の夕食。
e0129842_2356210.jpg

別の日の夕食には
e0129842_23565228.jpg

ファイヤーーー!!
(赤く見えてるのが炎です。)

テレビでは、きのこ、米線(お米の麺)、豆腐、お茶の
各料理がフィーチャーされているようですよ。


雲南のお茶と言えば普洱茶。
今日はこの間の上海visitで購入してきた変わり種を。
e0129842_0417100.jpg

糯米香普洱。
ジャスミンライスの香ばしい香りがするお茶です。
普洱生茶に糯米香叶(葉)という葉っぱを混ぜているよう。
ネットをウロウロと検索した感じでは、糯米香叶というのは、
雲南省に結構生えてる葉っぱで、文字通り、
乾かすと餅米(糯米)の香りがするのが特徴のようです。

数年前からこの糯米香普洱というのを見かけるようになって、
毎度「なんだろうな〜」と思っていたのですがついに購入。

餅米の香りがするから、食事に合うかと思ったけど、
香りが強すぎて意外と食事には合いません(爆)
でも、ザーサイとこのお茶でお茶漬けとかにしたら美味しいかな、とか思ったり。
まだやってませんが。
[PR]
by paocha08 | 2012-02-16 00:22 | 黒茶・プーアル茶