一粒の贅沢
口にしている量に比して、
あまりお菓子は紹介しないブログですが、今日はお菓子の紹介を。
e0129842_2246989.jpg

白いコロコロ。
北海道を代表するお菓子メーカー、六花亭の「カンパーナふらの」。

期間限定と聞いて、よくわからないまま飛びついた商品ですが、
北海道を訪れるのは年に1回かどうかのシャンユエン家にとって、
かなりのレア物との出会いでした。

ワインの産地としても頑張っている富良野の店舗、カンパーナ六花亭。
その敷地にあるブドウ畑で収穫されたフレッシュなぶどうが
一粒ずつホワイトチョコレートでくるまれています。

e0129842_22454878.jpg

e0129842_22454025.jpg

以前、GWに訪れたカンパーナ六花亭。
小高い丘の上の広大な敷地に、開放的な店舗。
丘の麓から店舗までのアプローチはもちろん、ぶどう畑(棚)。
ガラス張りの窓から見渡すのも、全部ぶどう棚。

六花亭と言えば、フリーズドライのイチゴをチョコレートで
コーティングしたものが有名ですが、こちらは完全にフレッシュ。

想像よりも、ずっとたくさんの果汁と甘みが口いっぱいに。
初めて食べた人が、十中八九、

「んんーっ!!」

と、うめくのも楽しい。
ぶどうを一粒ずつ大事に堪能できるお菓子です。

期間限定、店頭販売限定、冷蔵保存で消費期限3ー4日、
・・・と、結構ハードルの高いお菓子。
フレッシュフルーツだと思えば、納得なのですが、
チョコレートだと思うとかなりの限定品。

しかーし、お値段、

まさかの一箱、300円!

さすが、庶民の味方、六花亭(笑)
北海道在住の皆様、是非。

ちなみにお茶は、もちろんフルーティーな鳳凰単枞で。
食べ尽くしてしまう前に、慌てて、淹れましたよ。


カンパーナ六花亭→
(札幌の店舗でも売っています。)
[PR]
by paocha08 | 2012-09-11 23:08 | お茶請け・お菓子