単純明快
今日は中秋節。
いわゆるお月見の十五夜。
今年の中秋節は、せっかく満月だと言うのに、
月どころか、台風の大荒れに備える夜になりました。

・・・仕方ない、明日の十六夜に期待しますか。

さて、月見ができないので、昨日参加したセミナーの話でも。
メディアにもよく出ていて、気になっていた日本茶屋さん。

日本茶と言っても、フレーバーティーがメインのお店です。

もともとフレーバーティーに積極的になれないシャンユエン。
今では珍しくなった茶箱がならぶお店のディスプレイ、
そして、とてもこだわりを持っているらしき様子は、、、気になる。

ということで、
e0129842_1953554.jpg

1時間の講演&5種類のお茶の試飲。
4種類はお煎茶(静岡の川根茶)、1種類はほうじ茶がベースで、
5種類のうち4種類は香料を使ったフレーバーティー。
1種類はどうやら香料ではなく、ローズを混ぜたブレンドティー。
いずれも水出しのお茶でした。

話を聞いてみると、お茶をどのように提供したいか、
どこを目指すのか、単純明快なvisionがあって、
そのために余分だと思われるこだわりは、
トコトンそぎ落として、アプローチも単純明快。

これが、外国人男性のお茶ビジネスか・・・と新鮮でした。
そう、フランス人男性がオーナーなんですよ。
たぶんフランス人ならでは、ソムリエならでは、のお茶のとらえ方。

フレーバー緑茶そのものは、ココでもスーパーの陳列棚レベルに並ぶのを見てきたし、
欧米で、必ずしも珍しいお茶ということではないのだと思うけれど、
粗茶(笑)のレベルでなく、ちゃんと煎茶の味を出していて、
お砂糖なしでも飲めるドリンクに仕上げているのが、やっぱりすごいのかも。

いつか日本茶本来の味にたどりつくといい

という、これまた単純明快な目標にはとても共感して、
フレーバーティーを考え直したセミナーでした。


明日は、月見えるかなー。
[PR]
by paocha08 | 2012-09-30 20:41 | お茶会・セミナー