ピークラウンジでお茶を
e0129842_11551664.jpg

たまの贅沢、アフタヌーンティー。
定番にしているというよりは、日本ではここしか行ったことがないのだけど、
パークハイアット東京 ピークラウンジ(→)。
吹き抜けで高い天井に、ほとんどガラス張りの空間で、開放感抜群。
富士山もスカイツリーも一望で、晴れた日は、眩しいけれど、最高です。

選べる飲み物は、各種コーヒー、紅茶、煎茶、ハーブティーなど種類も豊富。
煎茶は、奈良の月ヶ瀬にある井ノ倉茶園のもの。
このお茶をベースにしたハーブティーもあります。

ずーっと前に、百貨店に出店していらしたときに、
紅茶と烏龍茶も作ってみて、期間限定でメニューに加える企画中、
と伺っていましたが、どうやら期間限定でなく、レギュラーメニュー入りしたよう。
メニューには、月ヶ瀬紅茶と月ヶ瀬烏龍茶が記載されていました。
e0129842_11552372.jpg

e0129842_11553791.jpg

当然、オーダー。
両方とも。

紅茶は、色もきれいだし、甘みがあって、なかなか美味しかったです。

烏龍茶は、なんと、ティーポットとワイングラスという
少々ちぐはぐな取り合わせで用意されてきました(笑)
香りを楽しんで欲しいとのことですが、残念ながら、香りも味も
・・・シャンユエンには薄すぎて感じられませんでした。
ということで、評価不能。残念。

グラスって、温かいお茶の場合、冷めやすいせいか、
香りが薄くなってしまう傾向にあって、あんまり向いてないと思うんですよねぇ。
そもそも、ポット内でも、ほとんど香っていなかったし、味もほとんどなかったので、まずは、茶葉倍増(以上)を希望しますが・・・

その上で、どうしてもグラスを使うのなら、シャンパングラスかなぁ。
でも、ポットと背の高いグラスは、見た目がちぐはぐで、
注ぎ入れるときのバランスも悪いから、ショットグラスぐらいで手を打つのはどうでしょうか?
(↑ 誰に言ってるんだ?)
[PR]
by paocha08 | 2014-03-10 12:39 | その他お茶