ほうじ茶
e0129842_1036146.jpg

初夏だっていうのに、なんだか秋みたいな画像になっちゃいました・・・

宇治産(たぶん100%)のほうじ茶をどどーんと1kg頂きまして、
e0129842_112413.jpg

(これで500g)
テンションあがるわー(笑)

ところで、ほうじ茶について、ずーっと気になっていることが。

このほうじ茶、急須でいれると、若干弱々しく、茶葉が活かされていない感じがしていました。くださった方とその友人に聞けば、

ほうじ茶は、やかんで沸かす

と口を揃えて。
どうやら、朝一番に大きなやかんに沸かして、喉が渇く度にそこから各自注いで飲むのが子供の頃からの習慣らしいです。ただ「沸かす」の詳細がよくわからず。
茶葉をやかんに直接入れるのは確かなようなのだけれど、多少煮出すのか、一煮立ちなのか?

まぁ、ただ、産地の方々がそうして飲んでいるのなら、それが一番美味しい淹れ方だろうと、シャンユエンも、やかんに直接方式に変更。煮出すのは、勇気がいるので、一煮立ち、で。こうして淹れると、部屋中に香りが広がり、香ばしく、甘みのあるほうじ茶ができあがります。

京都には、ほうじ茶の他に、京番茶という独特のお茶があって、
こちらはやかんで沸かすのが主流だと思うのだけど、
家庭では、ほうじ茶も沸かすのが主流なんでしょうか。
いつの頃からか、区別がなくなっているだけかもしれないけれど、
少なくとも、頂いたほうじ茶は「沸かす」方式に合った仕上がりになっているみたいで、圧倒的に沸かした方が美味しいお茶でございました。

皆さんのおうちは、沸かす派?
[PR]
by paocha08 | 2014-05-08 11:27 | その他お茶