本場に乗り込んだウーロン茶
日本で一番有名な中国茶は間違いなく烏龍茶だと思うのですが、実は中国では緑茶の生産・消費が圧倒的に多く、烏龍茶は圧倒的な差をつけられた2番手。生産量では緑茶が全体の70%近くなのに対し、烏龍茶はわずか10数%だそうです。広大な中国では飲むお茶も生産品種も地域によって異なっていて、地域別に見ても圧倒的に緑茶を生産、飲む地域が多いんです。

そして、ここ上海は見事に緑茶消費地帯。
烏龍茶を知らない地域でした。
初めて烏龍茶飲んだ烏龍茶はサントリー、なんていう人がたくさん!

えーっ!ウソー!って思いましたよ、私も。
でも、ほんとで、本気。
たまたまじゃなくて、たくさんいるってこともホントなんだから、びっくり。上海在住の方にはそんな会話を真のあたりにした方、たくさんいらっしゃると思います。

・・・で、上海で一番飲まれてる烏龍茶はサントリーです。
たぶん。

でもって、サントリーを上海発の企業だと思ってる人もとっても多い。

「ほら、これ、上海の有名な会社の烏龍茶!」

って、誇らしげに日本人の私に言われても・・・
しかも、これも決して珍しいことでなく、よくある場面(苦笑)。
私も人からそんな話を聞いていて、まさか自分がその場面に遭遇するとは(・O・;
それだけ、サントリーがココ中国で成功したってことですね、ハイ。

e0129842_22184712.jpgそんなサントリー烏龍茶、中国では4種類あります。うち2種類は香り付き。ジャスミンとバラです。もう一つは日本で売られているのと同じようなごく普通の烏龍茶。

そして、ご旅行の皆さんはご注意を!
最後の一つはお砂糖入りですから。

※写真は無糖の普通の烏龍茶です。
[PR]
by paocha08 | 2008-02-25 22:22 | 青茶