おつかいもの
今日はおつかいものの話。

日本にも手土産の習慣がありますが、中国にも手土産の習慣があります。

学校で中国語を勉強していると、口語のテキストで
必ず取り上げられるトピックス。
渡すときのへりくだり表現と、もらうときの遠慮表現。
ついでに贈り物の選び方とか嗜好。
先生は熱を入れて解説してくれるのですが、基本的に会話は日本と同じ。

「つまらないものですが・・・」と言って差し出し、
相手は「手ぶらでいいのに」と応える。

でも、最近は日本と同じように、婉曲表現を使わず
「これオススメだから!」と言ってストレートに渡す場面も増えているようですよ。

手土産の中身としては、お酒、お茶、果物が代表的。
これも日本と似てますね。
若い人の間なら、ケーキやチョコレートなどのお菓子類もありみたい。

日本と明らかに違うのは、手土産にかけるメンツ。
中国ではメンツをとても大事にしています。

だから・・・

贈り物や手土産はどどーんと。
金額はもちろんですが、箱の大きさ(7割方上げ底でもね・・・)、
豪華さ、そして、中身の数の多さ。
質より量そして豪華さ、デス。

これ、大変重要ですから。

さて、今やビジネスの世界でも、切っても切れない日中関係。
中国や台湾のお客さんとの取引、打ち合わせも意外と日常茶飯事の方も多いと思います。

e0129842_2361948.jpg


これ、うちのダンナが取引先に出張に行って、頂いてきたお土産。
豪華、キンキラの箱に、金色の缶がずらり。(ちゃんと5本ありました)
高級鉄観音・・・推定、1万円セット。
2人で行って、一箱ずつ頂いたそうな。偉い人に同行しただけなのに。

e0129842_2352349.jpg


こちら、会社に転がってたお茶。
取引先に頂いて、給湯室に長いこと放置され、誰も手をつけなかったので
とうとう個人的に回ってきたそうな。

忘れてはいけません。

中国の方々、贈り物にはメンツ。
日本のお歳暮のように実用性重視じゃないんです。

だから・・・
中身、かなりの高級品だったりすること大有り。

皆さんの会社に転がってるその中国茶、意外に高級で上質な可能性大ですよ。
取引先の手土産あなどるなかれ。


ところでところで。

このブログを連載という形で始める機会をくれた
インターネットスクラップマガジン「カム!」ですが、
今月末をもって、終了することになりました。

スタッフの皆様、トップのデザインをして頂いたデザイナーさん、
ほんとうにお世話になりました。

このブログは「カム!」終了後も、私の茶腹が続く限り、続きます。
カム!から来て頂いている方は、お手数ですが、ブックマークをお願いします。
これからもどうぞよろしく。
[PR]
by paocha08 | 2008-10-27 23:23 | その他