蟹シーズン!
11月も末になって、冬の寒さを感じる日も多くなってきました。
お茶だけじゃなくて、秋の味覚でも紹介しようと思ってたのに、
もう秋終わっちゃうよ!!

でも、まだ紅葉も終わってないし、秋だよね?ってことで、
無理矢理、秋の味覚を紹介しましょ。

e0129842_18304247.jpg

上海秋の味覚の王様は上海蟹。

蟹にあまり興味のない私は日本にいるときは知りませんでしたが、
皆さん、上海と聞けば「蟹」と来るようで。
観光はもちろん、出張予定を蟹シーズンに当ててくる方も。

上海蟹のシーズンは9月の末から12月初旬まで。
レストランでもスーパーでも、至る所に蟹のポスターが張られ、
季節限定蟹専売店も出現して、盛り上がりを見せます。

中秋節のあと、月餅に替わる贈り物といえば、蟹ですし、
このシーズンの接待と言えば蟹。

現地駐在員の皆様は日本から出張やお友達が来る度に蟹、蟹・・・
毎週蟹に次ぐ蟹で通風に要注意。

上海蟹は中国では「大闸蟹」と言います。
上海周辺の湖で採れるのですが、その中でも陽澄湖のものが
最高に美味しいとされ、お値段は他の数倍〜10倍と桁外れ。
なので、産地証明に、お店で売られるときには指輪をはめられてます。
(写真のプラスチックタグ)

日本の蟹と違って、とても小振りで、
身を楽しむよりも、その濃厚なミソが重宝される蟹です。

蟹は中医学的に体を冷やす食べ物。
だから食べるときは体を温めるお酢と生姜で、飲み物は紹興酒で頂きますよ。
中国茶フリークの皆様は、体を温めるお茶をどうぞ。
(普洱茶とか岩茶とか。)

あれ?お茶ネタ少ないですね。
じゃ、強引にお茶話。

「毛蟹」

カニじゃなくて、お茶の名前です。
しかも烏龍茶。
福建省安渓産の青い烏龍茶です。
葉っぱの縁のギザギザが深くて鋭いからとか、
葉についた白い産毛がいっぱいでカニに似てるからとか、諸説あるみたいです。

残念ながら、うちにはないので、今日は蟹の写真のみで
お茶の写真はなし!

なんていうお茶ブログだろうか・・・
[PR]
by paocha08 | 2008-11-24 18:37 | 青茶