師走
忘年会シーズン真っ盛りになって参りました。
クリスマス用品もお正月用品もごっちゃで盛りだくさんのスーパー。
取引先からカレンダーが来たり、来なかったり。
今年も残りわずかだな、っと。

去年の今頃はちょうど高級茶芸師講座を受講中でした。
そういえば。

私たちの高級茶芸師の試験では、お茶席を設けることが実技試験でした。
一人ずつテーマを決めて、お茶を入れます。

テーマは自由。
入れるお茶も自由、入れ方も自由、小道具などのコーディネートも自由
・・・自由尽くし。

美しく、美味しいお茶を出すということの理にかなっていれば、
手順も違ってよいし、ブレンドもOK。

と、そこまで幅広げられると、逆に困るんですけど。
「晩御飯なにがいい?」「なんでもいい」みたいな・・・。

ということで、朝から夕方まで続く講座のあとは、
家に帰って、あーでもない、こーでもないと試行錯誤の日々でした。

e0129842_2234159.jpg
e0129842_22343846.jpg

試行錯誤中。
いささかやけくそ気味で、タイトルつけるなら「百花繚乱」?

結構難しいんですよ。
講座は集中講座で5日間、その次の6日目が試験なので、準備期間は3~4日。
その間に調達できる道具と茶葉で挑むのですから。
アイデア出しても、道具がそろわなかったり、イメージどおりに入れられなかったり。

時間がかかりすぎるのもダメです。
制限時間があるわけではないのですが、やはり15分から20分が限度ですし、
途中で手持ち無沙汰な待ち時間が出ることは避けたいもの。
途中でお湯がなくなるような事態も避けたい・・・とか。

衣装、茶器、小物、それにテーマとタイトル・・・
そうやってあーだの、こーだのと悩んでお披露目になった茶芸。
試験当日は、それぞれが趣向を凝らしたお茶席で、
まるで文化祭のよう♪

自分がするのは大変だけど、
人のを見るのはとっても楽しかったな〜

さて、忘年会シーズン。
二日酔いには普洱茶ですよ。
食べ過ぎにも普洱茶ですけどね。
[PR]
by paocha08 | 2008-12-17 22:42 | 資格