上海茶腹紀行3
お茶市場のいつものお店
そしてお茶教室

2カ所でホテルで飲むお茶をもらいました。

今晩飲むお茶ないでしょ?
旅行で胃腸が疲れるから、コレ飲んで

とかなんとか言って、お土産のお茶とは別に
持たせてくれたお茶っ葉。

実は何よりもこれが一番嬉しかったシャンユエンです。
生活に根付いたお茶文化と茶人らしい気遣い。
ステキ。

中国人って、噂によれば、旅行に行っても食べ慣れた中華料理を食べるんですって。
なぜなら、不慣れな食べ物を食べて、調子が悪くなったら、
元も子もないから、だって。
だから、私には飲み慣れてるお茶を予防薬代わりに渡してくれたんですね。


中国のホテル、必ずお湯とお湯のみが置いてあります。
e0129842_1142263.jpg

こんな感じの300mlは入る蓋付きの大型マグが一般的。
(写真を撮るのを忘れたので、これは私の自宅のもの)
これに茶葉を直接入れて飲みます。

e0129842_112897.jpg

こちらは高級ホテル。
デザインされた茶器が置いてありました。
使いにくそうだけど・・・(笑)

毎日、油っぽい中華が続き、非常に乾燥した上海でさらに乾燥したホテル。
喉を潤し、口をさっぱりさせてくれる気遣いのお茶は、ちゃんと毎晩頂きました。
ステキな気遣いに感謝しつつ、ごちごち。
[PR]
by paocha08 | 2009-01-12 01:17 | その他