カテゴリ:その他( 99 )
茶芸師引っ越す
e0129842_17224495.jpg


日本への帰国約1ヶ月前、ここから茶芸師シャンユエン、猛ダッシュ。
お茶教室に、お買い物、レストラン制覇・・・
心残りは禁物ですから。

お茶教室は二つを掛け持ち。さらにうち1つは、振り替えに振り替えを重ねて、
結局、教室は週に3回。
そして、教室が終わったら、お茶市場へ買い物に、さらなる知識の獲得に。
途中で食べたお昼ごはんは飲茶だったりして、ほんとに1日お茶三昧の日も。

だってね、そりゃ焦りますよ。
上海にいれば、1つ15円の茶杯も日本に帰れば300円。
お茶にしたって、30円のお茶が300円は下らない。
手に入らないモノもたくさんあるし、
そもそも、お店そのものが少なくて、本で目にしたお茶を

「試飲しに行こう〜♪」

なんて、ふらっと出掛けて30分後には試飲、なんてこと、できないのですから。

ということで、シャンユエン、ゆっくりお茶を煎れる暇もなく猛ダッシュ。
で、出掛けた先で飲みまくって、日々茶腹。

そうして集めた茶葉と茶器。
いよいよ引っ越し本番で梱包されたら、茶葉2箱に茶器3箱・・・
どうよ、どうなのよ?

保険をかけるのに、パッキングリストを引っ越し会社の人が作ってくれるんだけど

「あのー、この茶葉、一つずつ書けないので、まとめて重量で
・・・何キロぐらいですかねぇ?」
「うーん、じゃ、20kgで!」

茶器は適当だけど、一応数えながら梱包してリスト化してくれました。
でも、

コップ 10個、ポット5個

とか書かれてるので、なんのことかよく分からず、
キッチンの普通の食器かと思って、保険金額書き込んでました。

茶具とか茶葉って、中国で買う値段と日本で買う値段が全く違うので
保険金額として、どっちの値段を書くべきか、迷ってたのですよ、
梱包作業前までは。

ははは・・・わけわからないうちに、終わってしまいました。
ま、いいか、結果として、たぶん日本での購入金額を書き込んだことになってるし。

ちなみに茶葉はすべて航空便です。
船便だと湿気ちゃうから。
[PR]
by paocha08 | 2008-08-05 17:38 | その他
闘茶
なにやらお茶にまつわる映画が公開になっていますね。
まだ見ていないのですが・・・

闘茶というお茶に関するゲームを軸に展開するお話のようで。
そういえば、茶芸師のテストのときに出てきたな、闘茶。

中国では「斗茶」と書きます。
宋の時代に盛んだったようですが、起源はその一つ前、唐の時代の末期で福建省の南の方から始まったようです。手持ちの本によれば、宮廷から平民に至るまで盛んに行われたそうで、当時から茶文化が決してお金持ちだけのものじゃなかったところが、すごいな、と思います。

私の手持ちのいくつかの本には、「お茶を点てて、表面に出る泡(=湯花)の美しさ、持続性を競う」と書いてあったり、「茶葉の良し悪しを競う」と書いてあったり、はたまた「産地や水を当てる」という説もあって、どれがほんとなのかよくわかりません。

中国も広いですし、人々の階級も様々、また時代にも幅がありますので、どれも間違いではなく、それぞれの環境によって、少しずつ異なる競技をしていたのかもしれません。

ちなみに宋の時代のお茶はこんな道具を使ってたそうな。
e0129842_11341556.jpg

はい、御抹茶とほぼ同じです。

先ほど、さらりと書きましたが、この時代お茶は「点てる」(=点茶)ものでした。
粉末にした茶葉にお湯を注ぎ、しゃかしゃかと茶筅で泡立て、
表面に白い泡をきれいに点てる。
だから一番いいお茶の湯色は白だとされていました。
お茶碗もその湯色を美しく見せる黒い天目茶碗が好まれるようになったそうです。

日本のお抹茶は中国のこの時代のものが原点ですね。

ということで、今日は、本やらテキストやらまで引っ張り出しちゃって
なんか、



すごく勉強した!



感じ。

はいはい、お茶にしましょ〜
[PR]
by paocha08 | 2008-07-15 11:39 | その他
中国茶きほんの”き”
中国茶ブログとして、中国茶の説明をどこまでするか、いつも迷ってます。
マニア向けなら基本の説明なんていらないと思うのですが、そうでもない方も見てくれているわけで。
中国茶の本や解説に必ず出てくることをここに載せるか載せないか、、、うーん。

迷いつつ、それでも今日は試しに説明してみることにします。
だって、そうしないとこのブログ見てくれてる人たちは、
マニアックな知識ばっかりになっちゃうから。

ということで、本日のお題は中国茶のきほんの”き”。
ちまたの教室なら1回目の講座で習いそうな「お茶の分類」デス。

中国茶は千種類を超えると言われています。
その中国茶の分類として、一般的なのは色で表わす方法。

緑・白・黄・青・紅・黒

この6色。
中国茶は6色なんです。

日本で最もメジャーな中国茶、烏龍茶はこの中で青。

え?青?

そうです、青です。
ずーっと前にも紹介しましたが、再登場。

こちら中国でメジャーな烏龍茶。

e0129842_1865822.jpge0129842_1874224.jpg


青いでしょ?

あ、もちろん茶色い烏龍茶もあるんですよ。
以前ご紹介した大紅包などの岩茶は茶色いです。
でも、それも含めて、青茶です。

・・・混乱しますね。

それぞれの色は御お茶の色そのものだけでなく、そのお茶の製法や発酵度とリンクしています。

緑=不発酵
白=微発酵
黄=微・後発酵
青=半発酵
紅=全発酵
黒=後発酵

なんだか訳がわからないかもしれませんが、要するに下に行くほど発酵度が高いのですよ。

このブログも中国茶ブログらしく、カテゴリーをこの分類に合わせてみました。
これから徐々にすべてのカテゴリーを埋めていく予定です。
なので、今日の説明はここまで。
今後にご期待下さい!

あれ?やっぱりなんか中途半端な気が、、、
ま、いいか、教科書目指してるわけじゃないし。
[PR]
by paocha08 | 2008-06-27 18:11 | その他
中国茶ゲーム
中国茶と言えばのサントリーが烏龍茶作りのゲームをオンラインで発表してまして。
烏龍茶の作り方から飲み方まで、すごくキレイにできてるので、ご紹介。

こちら

http://www.gotmail.jp/oolongtea/

3月くらいからアップされていたと思うのですが。
私、シャンユエンは隠された道具がなかなか探せずに、途中でイヤになり(笑)
リアルにお茶飲んだりして、ふてくされつつやったので、

2時間

もかかりましたけど・・・

e0129842_2133672.gif
なんだよこのパンダ!とか言って(笑)


よかったらやってみて下さいね。
烏龍茶の作り方、わかります。

そして、私はここで烏龍茶の作り方の説明しませんから〜♪
[PR]
by paocha08 | 2008-06-12 02:14 | その他
エコ
ひと昔前の日本と同じなんでしょう。
日々豊かになっていく中国は、モノで溢れ、間違いなく
物質的豊かさを享受することに最大の喜びの一つを感じているように見えます。

その一方で、日本とは比べものにならないほどの格差社会。
日々のご飯を食べることが精一杯の人たちも山ほどいるわけです。

そんなわけで、どちらの人たちも地球環境などへの関心は二の次。
最近の日本で流行の「エコ」「ロハス」「スローライフ」なんていう言葉は
ほとんど耳にしないし、そこに共感する人がどのくらいいるのか?と思うほど。

でも、外資系企業の進出や国際的な動きもあって、スーパーではレジ袋が一部有料になったり、環境保護なんていう看板を見かけたり、、、というのはここ1年ぐらいのお話。

そして、来るべき6月1日。
ここ中国でレジ袋の無料配布が一斉に禁止されます。

この発表があったのは確か半年くらい前。
そう、中国の法律はいつも急に決まって、急に施行されるのです(笑)。

いきなり禁止って、、、ま、有料ならいいとは言っても、ね?

だって、ここ上海では

e0129842_1845446.jpg
屋台の肉まんだって、ちまきだって、
熱々のまま、あの袋に直接入れて渡されるんですよ?
お持ち帰りにした熱々のスープだって、あの袋にジャバーっ、と。
(※スープが袋に入って、さらにカップに入れられてます。逆ではありませんので、あしからず。)



e0129842_18442313.jpgとある街では、量り売りの牛乳も見かけたし→
ビールで有名な街では、ビールだって入れちゃうんだってさ、、、炭酸抜けるがな。

こういうものが今後どんな売られ方をするのか、
楽しみです。
まともになるんだろうか・・・?


ちなみにお茶市場では、茶葉や茶具を買うと

e0129842_18473653.jpg

時には激安の殿堂に行ったことになり、

時には、、、

e0129842_18472662.jpg


ゴミですかい?!
どうやら日本で使われているレジ袋類は中国で生産されているようで。

あなたの癒しになってるそのお茶もお茶道具も、
もしかするとこんな風に買われて・・・(悲)
[PR]
by paocha08 | 2008-05-27 19:04 | その他
浴びるほど飲みたい!
もう二ヶ月も前のことになりますが。
日本語フリーペーパーで目にした広告に釘付け。

SPAなのですが、フィッシュテラピーとお風呂、軽食付きで

128元(=2000円くらい)

・・・で、シャワーが3種類あって選べると。

ビールシャワー
普洱茶シャワー
牛乳シャワー

茶芸師として(?)、これは行くしかないでしょ!
ということで、行って参りました。

いや、シャワーの有無に関わらず、フィッシュテラピーが2000円でできるっていうだけで、行くんですけどね。
だって、日本だったら、いくらですか?高そー。

e0129842_2025234.jpgで、到着したのはこんなお店。
店名

BOSS TOWNって・・・

いいんです、名前はどうでも。
フロントスタッフに導かれて入ると、まずは普通のシャワー。
続いて、ジャグジーのようなところへ。

いる、魚が。
うじゃ、っと。
煮干し大ぐらいのお魚が、うじゃうじゃと。
(写真はさすがに撮るのがはばかられたので、ありません。想像でお願いします。)

そーっと足を入れると、近づいてきて、つんつんと突かれます。
特にかかと、足の指の間などなど、角質が溜まってそうな場所に集まる、集まる。

ちとくすぐったいですが、自分の足がごっそり煮干しに取り囲まれてる図というのもおかしくて、見入ってしまいました。だって、足、そっと動かすと、彼らもそそそっとひっついてくるし、、、(笑)

が、、、それだけ、食べ甲斐、すなわち角質があるってことよね、私の足。
お魚のエサになってる、私の足。
微妙だ。

と思い始めたころ、シャワーの準備ができました、っと。
最初にシャワーの種類をリクエストすると、それに合わせて
作る?抽出する?煮出す?
なんだかわかりませんが、とにかく、準備に一定時間が必要らしいです。

で、先ほど浴びた時には普通のシャワーだったシャワー、ひねると、、、

微妙にうっすら茶色(黄色?)く、なぜかトウモロコシのような穀物臭のお湯が
たっぷり出る、出る。
うーん、プーアル茶独特のかび臭さはありませんな。
(かび臭いシャワーもどうかと思うので、これはこれで、よし)

心なしか、お湯は柔らかくて、つるつるします。

ま、お近くでご興味のある方はどうぞ。
ちなみに店内は至って清潔で、中国趣味なゴージャスさがありますけど。
ま、BOSS TOWNだし。
お店が紹介されているwebサイトにでもリンクしておきましょうかね。
こちら↓

ちゃいなび
http://www.chainavi.jp/shanghai/blog.html?sid=1326285

インフレ甚だしい上海、お値段はお店に直接確認して下さいね。
[PR]
by paocha08 | 2008-05-23 20:35 | その他
中国お茶請け事情
お茶にはおやつ!
おやつのないティータイムなんて考えられない!!

ということで、本日は中国茶のお茶請けをクローズアップ(?)。

中国茶のお茶請けは一般的に果物、ドライフルーツ、ナッツ類が大半です。

あら?がっかり?
すみません。

そもそもケーキやクッキー、チョコレートと言ったものが一般的に入手できるようになったのが、ここ10数年ぐらいの話だと思われるので、バターやお砂糖をたっぷり使った甘い洋菓子は食べ慣れないようで、小豆などを使ったお菓子も甘さ控えめでとても素朴なものが多いです。

果物は季節のもの、なんでもOK。
これから夏に向けてはマンゴー。
小振りのものなら、少し揉んで、手で皮を剝いたらそのまま、ガブリとどーぞ。

あれ?ワイルド過ぎた?

他にはぶどうやりんご、なし、こちらではなんと1年中出回っているスイカ・・・
冬場は柑橘類もありです。

日本にいるときは、緑茶とみかんなんて、最悪の組み合わせだ!と思っていたのですが、中国茶は渋みが少ないせいか、これがまたよく合うんですよ。

それから、忘れてはいけないミニトマト!

e0129842_013442.jpgこちらではミニトマト、立派な果物です
・・・たぶん。

野菜売り場じゃなくて、フルーツ売り場で主に売られてるし、レストランでスイカやりんごと一緒にフルーツプレートに載ってくるし、バス旅行のときにみかんと一緒にまわってくるし。
そして・・・ケーキに載ってるし(;・∀・)

ええ、もちろんケーキには合いません。


e0129842_23593980.jpg話がそれました、次、ドライフルーツですね。
人気があるのは梅、杏、ぶどう、山査子(サンザシ)、ナツメのドライフルーツです。
ナッツ類は主にピーナツかピーナツ菓子でしょうか。

そして、ここ中国で一番人気かと思われるおやつNo1は!

種。。。

かぼちゃの種、ひまわりの種などなど、とにかくタネ類。
カリカリと器用に歯で殻を割り、中味だけ食べるその姿は、ハムスターもびっくりな・・・失礼。

暇つぶしアイテムとして、この上ないこのタネは、鉄道の旅のお供にも大人気。長距離鉄道の待合室、客席の床には、うずたかく散乱した殻が見られるでしょう(苦笑)

ということで、本日はお茶請け紹介、第一弾でした〜
[PR]
by paocha08 | 2008-05-12 23:48 | その他
お茶酔い
日々お茶を飲んでると、手持ちぶさたに、なにか食べたくなる。

それ、正しい欲望です。
闘わなくて、よし。
(正当化・・・笑)

ここ中国では「お茶に酔う」という事がよく言われます。
香りやその味に魅了されるという意味ではありません。もっと現実的^_^;

大量のお茶を飲み続けていると、めまいがしたり、人によっては吐き気がしたり。
空腹で水を大量に飲んでも気分が悪くなると思うのですが、同じことでしょうか。
中国茶は一般的に小さな茶杯で何杯も飲むので、自分が思っている以上にたくさんの水分量になっていますし、カフェインやその他成分の影響もあるかと思います。

日本では「茶腹も一時」などと言いますが、中国茶の場合は消化吸収を助けるのか、逆におなかが空くものが多く、ちっとも空腹しのぎにはなりません。むしろ、私なんかは、暴食のあと必ず飲んで、その苦しみから抜け出そうと・・・おいおい。

そんなところが、中国茶で痩せる!みたいな情報につながるのでしょうね。
実際に痩せるかどうかはわかりませんが、確かに消化を助けたり、新陳代謝が良くなったり、という効能はあるような気はします。

e0129842_1231982.jpgということで、とにかくお茶の飲み過ぎには注意です。そして、お茶酔いを防ぐには、なにかを食べること。

お茶菓子は理にかなってるんですよ〜
(・・・と、また正当化)

おいしいお茶と少しのお茶菓子で酔い潰れないティータイムを!
[PR]
by paocha08 | 2008-05-09 23:22 | その他
上海水事情
ここ上海は水が汚く、水道水を直接飲むことはできません。

ま、世界においても水道水を沸かさずに飲める地域というのは、それほど多いわけでもないと思うのですが、それにしても、ココの水はひどいです。色と臭いつき。お風呂に溜めれば、バスクリン入れたっけ?みたいな色に・・・
洗濯もすればするほど、白シャツが黄ばむ・・・
e0129842_1916281.jpg


ということで、生水はもちろん飲めません。
e0129842_1917421.jpgなので、飲み水用にはオフィスや家庭など、あちらこちらでこんな飲水機とタンクが置かれています。

駐在日本人の家庭では、浄水器なども利用されているケースが多く、中にはキッチンだけでなく、シャワーや洗濯など家中丸ごと浄水の家もあるんです。

ということで、通常お茶はこの飲水機に設置されたお水を使って入れるわけですが、上のお水は大きく分けて3通りあります。純浄水と蒸留水とミネラルウォーター。

ミネラルウォーターはいいとして、
蒸留水、純浄水って?

蒸留水は理科の実験で習ったり使ったりしたことありませんか。
水を沸かして、その蒸気を冷やすことによって作ったお水。
だから不純物(ミネラルも)ナシです。

浄水ですが、日本で「浄水」と聞くと浄水器でカルキ抜きをしたようなお水のイメージがあるのですが、ここ中国で言う「純浄水」はどうやらあらゆる不純物(ミネラルも)が濾過されているようです。

単純に考えると、カルシウム、ミネラルなど不純物が多いとお茶の成分と反応して
本来の味などが抽出されにくくなるため、できるだけ純粋なお水が適しているということになります。

だから、ミネラルの一部であるマグネシウム、カリウムが多い硬水(コントレックスなど)と軟水を比較すると、軟水の方がお茶の旨みや香りをよく引き出すというのは、よく言われること。

ただ蒸留水、純浄水のようにミネラルまで無くした水を使って、
飲んで美味しいと感じるお茶が煎れられるのかどうかは謎です。

お水に含まれるミネラルと相まって、お茶の味がまろやかになったり、
香りが高くなったりすることもあるわけですから。
科学的にお茶の成分が最大限に抽出されることと、
飲んで美味しい抽出のされ方は別なのかな、と思います。

それから純浄水、蒸留水については、インターネットで検索をかけると諸説出てきますね。身体にいいとか、逆に悪いとか。ほんとのところはどうなんでしょう?


ちなみに中国茶の世界ではお水に必要な条件を

軟・清・活

と3つの文字で表します。
軟水で、清潔で、活きている(酸素が含まれている)という3点。

ここにさらにミネラルのバランスなどなど考えて、経験則なのか誰かが研究したのかわかりませんが、上海市内のお茶関係者の間では、こちらのお水がお茶が美味しく煎れられると人気高し!

e0129842_19173968.jpg「農夫山泉」

2Lで3〜4元、4Lで6〜7元、飲水機に取り付ける18Lタンクも見かけますね。

ちなみに街中のレストランで出されるお茶は通常水道水を沸かしたもので煎れられるので、そりゃもう、お茶の香りと味以前に

「上海風味(by 100%水道水)」

がします(>_<)

ご旅行で上海を訪れる皆様、ホテルのバスタブに黄色や緑のお湯が溜まっても、
驚かないでくださいね。上海では日常茶飯事、どうしようもないことですから!
そして、決して生水は飲まれませんよう。
[PR]
by paocha08 | 2008-04-17 19:30 | その他