カテゴリ:その他( 99 )
香港といえば、飲茶でしょ
・・・ということで、
香港は3泊4日の滞在で、4回飲茶しました。

いずれもワゴン式。
なにが回ってくるか、という楽しみに、見て選べる楽しさがありますね。
こちら、最終日にもリピートした倫敦大酒楼
e0129842_21524187.jpg

e0129842_21511269.jpg

e0129842_21513199.jpg

e0129842_21515090.jpg

名前がイケテナイので、どうかと思ったのですが、
朝からたくさんの香港人でいっぱい。
常連さんが多いのか、束のような新聞を持ち込んで、のんびり飲茶してました。
落ち着いていて、リーズナブルで美味しいし、
地元の人が飲茶をどう楽しむかを間近に見られて、よかったです。

こちらは、とてもローカルな雰囲気で、結構ハードルの高い飲茶「蓮香楼」。
どのガイドブックにも載っているので、観光客も多いのだけれど、
この雰囲気、皆さん、大丈夫なんでしょうか?
e0129842_21533635.jpg

席は争奪戦。
供給が追いついていないので、点心も争奪戦。
ワゴンの周りは、すごい人だかりです。
e0129842_21534396.jpg

e0129842_21532525.jpg

e0129842_21532183.jpg

超地元のおじいさんと相席になったら、お茶碗の洗い方とか
親切に教えてくれました。

こちらは、駐在マダムのブログで下調べしていたCity hall内のレストラン
大會堂 美心皇宮
お昼時は行列必至だそうです。
シャンデリアの輝く大宴会場に、ぎっしりの丸テーブル。
テーブルには、お花と銀ポットのお湯とお茶が用意されて、小綺麗な飲茶です。
ご家族・親戚や親しい友人との団らんという雰囲気のテーブルが多かったでしょうか。
e0129842_21543474.jpg

e0129842_21545043.jpg

e0129842_21553892.jpg

ビクトリア湾も見える明るい店内でしたが、
レストランとビクトリア湾との間の土地は再開発か、なにやら大規模な工事中。
もしかしたら、次回は景色が望めないかも。

さて、3件で出てきたお茶は、ジャスミン茶か普洱茶。
香港人のおじさんのテーブルは、9割方普洱茶でしたね。

香港の普洱茶は、大陸で飲むものに比べてニオイが強く
ちょっと苦手だったのですが、
やはりその土地の食べ物とお茶の相性というのは、すごいもので。

3日目にはすっかり慣れたのもあって、
しっかり購入して帰りました。
[PR]
by paocha08 | 2011-05-18 22:41 | その他
香港で茶腹なお買い物
本日は、茶腹な香港旅の戦利品を公開。
e0129842_1955426.jpg

こちら、牛乳プリンで有名な「義順牛奶公司」グッズ。
普通、こういうグッズって、販売用にオリジナルに作ると思うのだけれど、
ここで売っているのは、お店で使っているのと全く同じもの。
しかもメニュー表の最後の方に、メニューとして載っています。
なので、指さし注文OK(笑)

大きさが中華レストランによく置いてあるものと同じで程よいので、
自宅で中華の時に使おうと思って。
お皿、お椀、レンゲセットで、お値段なんと、$18(=200円)!!


e0129842_195659.jpg


香港では、私たち日本人がイメージするザ・チャイナな食器が
お手頃価格で手に入るんですね。
大陸では、なかなか見かけない感じで、お買い物がエキサイトするわ。

e0129842_1957176.jpg

e0129842_19565522.jpg


台所用品さんがズラリと並んでいるとガイドブックに書かれている「上海街」。
上海で、こういう「〜街」と言うと、ほんとにぎっしり並んでいるので、
イメージとちょっとちがったけれど、狙っていたものたちは、しっかり購入。
月餅の型、マンゴープリンの型、おめでた文字にくり抜ける野菜カッター
・・・なにに使いましょうか。

e0129842_19572577.jpg

そして、最後は、お茶。
香港と言えば、な普洱茶をいずれも餅で。
・・・中身はこれから数年かけておいおい。
[PR]
by paocha08 | 2011-05-14 20:20 | その他
Pray for Japan from HK
GWが終わってしまうと思うと・・・
なんだか、切ない時間になってきました(笑)

さて、もはや忘れかけているGW直前の香港旅行のお話でも。
茶腹な香港旅行、到着後の最初のtea timeは、こちら。
e0129842_17271167.jpg

e0129842_17271774.jpg

e0129842_17264024.jpg

1950年代から1970年代頃が最盛期だった「冰室」と言われる
喫茶店をイメージしたお店。

これ、実は、スターバックスです。
e0129842_17261539.jpg

e0129842_188108.jpg

G.O.Dという、香港のインテリア雑貨店とのコラボで作られた限定店舗。
このセンス、大陸ではお目にかかれないので、
これから始まる香港滞在に向けて、テンション上がりました。

ちなみに、この店舗には、香港定番Sweetsをコーヒー味にアレンジした
限定メニューもあるのですよ。
e0129842_1737560.jpg

・・・高いからオススメしないけど。

さて、3月18日、午後3時から5時の2時間のこと。
香港のスターバックスではこの時間の売り上げを
日本に寄付するというキャンペーンをしてくれたそう。
多くの香港人が日本への支援につながる1杯のコーヒーのために
大行列してくれたそうで。

こちらはビクトリアピークのショッピングモールにあった千羽鶴のツリー。
そして、香港・中国・台湾のミュージシャンのチャリティーCD。
e0129842_1725565.jpg

e0129842_174748.jpg

他にもおしゃれな革細工屋さんで、チャリティーバッグが販売されていたり。

多謝!香港!!



香港スターバックス→
レトロなスタバ→
都爹利街店
 都爹利街13號樂成行地庫中層
 tel : 2523 5685
[PR]
by paocha08 | 2011-05-08 18:06 | その他
山水上
e0129842_17201492.jpg


お久しぶりになりました。
もちろん、香港からはとっくに戻っております。

香港4日→出勤3日→北海道6日

と、謎に旅行の合間に仕事する、という半月になりまして、
昨日、深夜に札幌より帰京しました。

この時期の北海道は、まだまだオフシーズン。
東京の真冬よりも寒くて、みぞれが降ったりもするので、
あまり人にはオススメできないのですが、
生命力を存分に感じられる時期でもあり、私は好きです。
e0129842_1727763.jpg

e0129842_17294445.jpg

e0129842_17294623.jpg

e0129842_17275031.jpg


帯広では、昭和の日に開花宣言の出ていたタンポポ。
まだ新緑は一部だけ。


さてさて、今回の旅、ゆるめの行程にしてあったので、
旅行用お茶道具を携帯。
(ほんとは、食べ過ぎリセット用・・・笑)

e0129842_17373355.jpg

立ち寄ったのは、札幌近郊の方々にはお馴染みの京極町の「ふきだし公園」。
えぞ富士と呼ばれる羊蹄山に降った雨や雪が一旦地下に浸透して
湧き出したお水が、まさに噴き出しています。
硬度20度ちょっとの軟水。
e0129842_17374810.jpg

e0129842_17415265.jpg


もちろん、頂きます。
e0129842_17382597.jpg


お茶には初めて使ってみたのですが、
岩茶の香り立ち、驚きでした。

お茶のバイブルと言われる「茶経」には、

「山水上、江水中、井水下」

という言葉が書かれています。
これは、お茶に適した水の順序で、山、川、井戸の順がよい、という意味。

今回の京極の水は、環境からして、山の水でも、かなり極上だと思います。
湧き水で淹れたお茶、最高の贅沢でございました。
[PR]
by paocha08 | 2011-05-05 17:56 | その他
茶腹の旅支度
e0129842_1261490.jpg


新聞紙
ガムテ
ハサミ
ぷちぷち

以上、茶腹旅に欠かせない、梱包材。
現地調達可能なものもあるけれど。
海外の新聞はインクで手や服が汚れるし、
手でちぎれて、粘着力よし、剥がすのも楽なガムテは日本製。
ハサミも安くて、こんなに切れるのは日本製ならでは。
ぷちぷちも、海外のはへたってて、ぷちぷち感ゼロだったりするし。

・・・やっぱり日本製、サイコー。

マッキーは、茶葉の購入時の必需品。
その日のうちに袋に直接茶葉名とお値段を記入。
似たような袋に入れられて、帰国した時にはわからなくなってるから。

ということで、ちょっくら香港まで〜
[PR]
by paocha08 | 2011-04-22 01:33 | その他
茶腹もひとやすみ
節電が必要な中、PCを開いて情報収集していることも後ろめたくて、
なによりも、なかなか更新する気分になれなくて。

シャンユエン家は、人もモノも無事でした。
本棚に飾っていた普洱茶をはじめ多少モノが転がり落ちていましたが、
茶器もすべて無傷。
会社ではスチール棚1つが崩壊しましたが。

e0129842_23284918.jpg


家にいて、テレビをつけなければ嘘のように日常に思えるのですが、
ときどき上空を通る自衛隊のヘリの音、
計画停電の有無を知らせる防災無線に
やはり異常事態であることを思い知らされます。

家を一歩出れば、

このお店、明日閉店するんですか?!

と思うほど、商品のないお店、
そして、そこから両手一杯に買い物袋を抱えて出てくる人。

節電で、消えてるコンビニの看板。
停電に備えて、閉店しているお店、
持ち場の交差点に自転車で向かうおまわりさんたち。

私に今できることは、

混乱に拍車をかけない、
節電する、

ことぐらいでしょうか。

e0129842_23542960.jpg

いつもは重宝している電気ポット。
これと水手泡という電気ケトルの二重使いでお茶を淹れるのですが、
電気ポットも電気ケトルも、ものすごく電気使うんですよね、、、
ということで、茶腹はひとやすみ中。

温かい飲み物が欲しくなったら、ガスで必要なお湯を沸かして、
温度に敏感じゃないお茶を淹れることにしましょうか。


ところで、今日はたまたま仕事が休みだったのですが、
暖房をつけるのもなんなので、動いて暖まろうと、お掃除デーに。

そして、前々からやってみようと思っていた、烏龍茶拭き掃除にチャレンジ。
古くなった烏龍茶をちょっと煮出して、ぞうきんに含ませてみました。
なんの根拠もないのだけど、油汚れに効くかな、と思って。

キッチンの床の油とほこりの混じった汚れ、
気のせいか、すっきりしたような・・・?

次。
台ふきに烏龍茶を含ませて、ガスレンジの周りを拭いてみました。
こっちは、気のせいじゃないと思います。
かなり簡単に油汚れ撃退。
これからも、残ったお茶や茶盤に溜まったお茶でやっちゃうかも〜
[PR]
by paocha08 | 2011-03-16 00:09 | その他
2回も飲める
雪でスタートした今週。
みるみるうちに積もって、1時間で5cm、
朝までに10cm弱というところでしょうか。
e0129842_23355221.jpg

翌日10℃超えで、あっという間に溶けてしまいましたが。

さて、先週末のこと、日本茶セミナーに行ってきました。
e0129842_23393954.jpg

ずらりとならんだ日本茶。
それでも、中国茶に比べると圧倒的に品種も種類も少ないのだけど、
日本のものだけに、出処や歴史、変遷がはっきりしていて、
奥深くまで知ることができそうです。
なんか、こう、隅々まではっきりしている、言い切れるというこの感じ、
中国茶の世界にはない感覚で、ちょっと新鮮(爆)

セミナーの先生は、お茶屋さんのご主人なのですが、
この方、海外への日本茶普及活動も熱心にされている方です。

海外(欧米)で日本のお茶を売るとき

「皆さんがいつも飲んでいるお茶(粉砕した紅茶)は1回しか飲めないけど、
このお茶は2回(煎)も飲めるんだから、決して高くない!!」

と言って売り込むそうな。
どっかで聞いたセリフ・・・(笑)

「このお茶は8回も飲める!!だから高くない!!」

上海の市場で定番の文句。
中国茶では、8回とか10回がよくあるパターンでしょうか。
最高15回ぐらいまでは聞いたことがあるような・・・

アジアのお茶売り、回数は違えど、同じこと言うんですね。
[PR]
by paocha08 | 2011-02-19 00:09 | その他
春節で節分
皆さん、新年好!

今日は旧暦の1月1日。
中国系の地域は、本日新年を迎え、大盛り上がりなことでしょう。

日本は節分で、豆まき。
スーパーは恵方巻き売りに一生懸命。
なぜかケーキ屋さんが、ロールケーキ売りに一生懸命(笑)
たしかに、ロールケーキの丸かぶりには、憧れるわ〜

お向かいの子供が、元気に「鬼は〜、外!」とまいていたので、
うちも
e0129842_2259367.jpg

お正月旅行で買ってきたギリシャ特産のピスタチオを捲いて
・・・なんか違うな、と思いつつ。


ダンナの指摘で思い出したのだけれど、そういえば、
中国語でピスタチオは縁起がよいのですよ。

「開心果」

開心=嬉しい
なので、なんか縁起よさそうでしょ。

中国の方々、お正月には6〜8つぐらいに分かれた丸いお皿に
ナッツやドライフルーツなど、おつまみのようなおやつを盛り、
挨拶にやってきたお客さんに振る舞います。

縁起のよい名前の「開心果」もその代表的な一品らしいですよ。



適当に手元にあった「豆」っぽいものを捲いてみた割に、
うまいことまとまった(笑)
[PR]
by paocha08 | 2011-02-03 23:08 | その他
茶殻なひととき〜続き
茶殻を食べるお話をしましたが、今度は他に活用するお話。
e0129842_0285844.jpg

わが家でさえ、友達と半日お茶すると、どんぶり一杯になる茶殻。
生ゴミの半分くらいが茶殻だったりすることも。
中国茶って、特に茶殻が立派だし、どうにかならないものか・・・と。

お茶屋さんとか、どうしてるんだろうか?

ちらっと、特許なんぞ見てみたら、
やっぱり活路を見いだそうとしている様子が見て取れました。
飲料メーカーともなろうものなら、そりゃ大変な量で、処分コストも大変なもの。

初期のころは、やはり飼料とか肥料とかに。
最近は、消臭剤とか除菌剤とか、緑茶成分配合系のものに
再利用されるのはもちろん、抗菌効果のある紙にされたりしてますね。
名刺などで見かけることがあるかと思います。

でも、活用の前に、どうやって腐敗させずにストックするか、
輸送するか、という技術の方がネックだったみたい。
特に日本茶の茶殻なんて、家庭でもあっという間に痛みますもんね。

茶殻の活用方法、一生懸命模索しているらしいのは、
やはり日本茶飲料の大手メーカー伊藤園。

特許のデータベース見てたのですが、
伊藤園、ほんとうに力を入れているみたいで、HPには専用ページがありますね。

最新の開発商品は、昨年11月末に発表した茶殻入り健康サンダル

「葉かなくっ茶」(はかなくっちゃ)

らしいですよ(笑)

シャンユエン家、どんぶり一杯の茶殻は、
とりあえず、段ボールコンポストを作って、堆肥化しています。

今度の春には、この堆肥で家庭菜園!
[PR]
by paocha08 | 2011-01-29 00:35 | その他
新春じゃんけん大会
あまり書いていませんでしたが、昨年末、お煎茶のお稽古と前後して、
実は茶道(裏千家)のお稽古にも通い始めたのでした。

春から秋にかけて裏千家が直々に開講する初心者のための6ヶ月教室に通い、
それで終わりにしようと思っていたのですが。

週に1度、時間を忘れ、いつもと違う静寂と緊張感の中で
美しいお菓子とお茶を頂く、その時間が忘れられず・・・

e0129842_2153232.jpg


修了後、近所のお寺でやっている教室に改めて通い始めたのでした。

さて、そんな教室での初釜。
初釜の日には、恒例で、お寺さんが福引きをして下さるそうで。
実際にはじゃんけん大会だったのですが。

e0129842_21521610.jpg


ビギナーズラックか、2等賞♪
橙のお茶碗を頂きました。

はい、もちろん、お稽古に精進いたしマス!


初心者のための茶道教室、2011年4月開講分は
1/25受付開始・・・みたいですよ。
夜の部は特に定員になりやすいので、お早めに!
[PR]
by paocha08 | 2011-01-15 22:07 | その他