カテゴリ:茶具( 34 )
あけましておめでとうございます
e0129842_23031296.jpeg
気がつけばほぼ1年更新していませんが、
一応、生きています、このブログ。
いつも心の片隅に...

読み返してみると、1年前に2016年の決意表明?方針発表?をしていますが、
ほとんど麦茶とほうじ茶で1年終わりました。

あんなに飲み物好きで、オフィスでは、カフェオレ&中国茶の
2マグをチャンポンするのが、何年も続くスタイルだったのに、
上半期は、忙しすぎて、ペットボトルで過ごし、
下半期は、コーヒー淹れる数分ぐらいの時間(余裕)は持とうよ、
と意識して、やっとこ過ごしました...

2017は、いかに?

今年もよろしくお願いします。

[PR]
by paocha08 | 2017-01-07 23:14 | 茶具
ドナドナ
梅雨入りしましたね。
部屋に置いてあるお茶たちが香りを放ち、
「飲んでくれー、飲んでくれー」とアピールしております(笑

5月のこと。

引っ越してきてから(早2年!)、ずっと懸案だった茶箱の処分に重い腰を上げました
...と言っても、古道具屋さんに電話しただけですが。

そしたら、あえなく、撃沈。
他を当たれば、引き取ってくれるところもあるかもしれませんが、
ひとまず、ダメ元で茶友にアピールしてみることに。

そうしたら、引き取ってくださる方が見つかって。
大きくてびっくりされてたけれど、無事にドナドナされていきました。
e0129842_16222245.jpg

e0129842_1622565.jpg

有難や〜

押入れもある、畳の部屋に住んでいたとき、
近所のリサイクルセンター的なところで見つけて、喜んで連れて帰った茶箱。
ウォークインクローゼットメインの狭いマンションでは、
しっくりくる置き場もなければ、子持ちになって、角張った重い蓋も気になって。
でも、40kgサイズの大型(x2)は、なかなか手に入りにくいものなので、
粗大ゴミ行きは、あまりにもったいなくて。

茶箱にとって、何軒目のお宅だろうか?
使ってもらえるところがあって、ほんとによかったです。
[PR]
by paocha08 | 2015-06-09 16:35 | 茶具
金のなるツリー
金のなる木という木がありますが、
今年、夏の上海訪問で唯一購入した割れモノ、茶玩具。
e0129842_8481928.jpg

中国版、金のなる木。
土台の船型のもの、木の上にいくつも乗っている船型のもの、
どれも元宝という、昔の中国のお金です。

のんびり、ゆったりお茶しながらも、
大きくなれ〜、増えろ〜、と願うのでしょうか。
さすが、お金大好き中国・・・(笑

クリスマスまであと少し。
空気も引き締まってきて、街のイルミネーションも映えるようになりました。
気を取り直して、最後は、ヴァチカン、サンピエトロ広場のクリスマス風景です。
e0129842_8471454.jpg

[PR]
by paocha08 | 2013-12-13 09:02 | 茶具
乾燥注意報
e0129842_1052844.jpg

世間がどのくらい乾燥しているのかわかりませんが、
我が家は未だかつてない乾燥を記録しています。

淹れてないから曲がったのだと思ったけれど、
淹れても、淹れても、戻る気配がありませぬ・・・
e0129842_1053266.jpg

浮く茶盤。
[PR]
by paocha08 | 2013-12-05 10:54 | 茶具
移転
e0129842_23585385.jpg

e0129842_23581954.jpg

こういうものは、大量にあると、無意味にテンションが上がる(笑

e0129842_2358780.jpg

e0129842_23582545.jpg

 茶 「まだですのん?もう、2時間待ちですやん。」
 黒 「大きいモン順らしいですわ。」

e0129842_23572655.jpg

移転まで、60時間。
[PR]
by paocha08 | 2013-04-20 00:08 | 茶具
憧れて、憧れられた白磁
まだまだ蒸し暑い3連休。
美術館に避難してきました。

e0129842_20295080.jpg

中国茶の皆様にお馴染みの景徳鎮を含む、白磁。

少ない展示ながらも、毎度、歴史的意義とか役割を簡潔明瞭に説明してくれる美術館。
出光美術館。

白磁の始まりは、ガラス器や青銅器の代わりから、ということでした。
ガラス器は、西方から伝わったものだったようで、それを再現したかったよう。
そのうち銀器の代わりとしても、発展。

ふーん、中国が西(のもの)に憧れた時代があったのか。

そして、ガラス器、銀器の代わりに作られた白磁が
いつしか世界の憧れの存在になって、輸出されていく・・・

輸出が盛んになったころ、増えた受注に合わせて、
一部、従来からの土に加えて、混ぜ物の土が使われるように。

・・・ん?
なんかどっかで聞いたことあるような?

現代の宜興の茶壷。
ホンモノか、ニセモノか?
ニセモノに気をつけろ、と言われますが・・・

大量生産用に混ぜ物をしたものをニセモノというなら、
あの国では、それはもう、400年以上も前から行われていることであって、
今さら話題にすることなのか

・・・と、おおらかな気分になってきました(笑)

それはさておき。

いろんな国で、スーパーで売っているレベルの陶磁器を見て、
やっぱり日本や中国は、陶磁器のレベルが高いんだなー、ということを
ひしひしと感じるのですが、この展示を見て、
改めて、中国の品質(当時の)と技術のすごさを感じました。
6〜7世紀にあの薄さと繊細さ。

そして、12世紀頃〜の景徳鎮はやっぱりきれいだなー。


美術館で涼んだあとは、カウントダウン(と思いたい)夏の風物詩を。
e0129842_20531796.jpg

そろそろ終わりのかき氷。
お茶屋さんのかき氷は、蜜なしで、
お抹茶をしっかり楽しめる「大人のかき氷」。

お水で点てて、氷を浮かべる冷抹茶というのがありますが、
これは、お濃茶にふわふわのかき氷を載せたもの。
もし氷が溶けてしまったら、タダのお抹茶ですが(笑)、
新しいお抹茶として、とても楽しいメニューでした。

ということで、3連休2日目終了〜
明日はなにしましょう?


「東洋の白い焼き物 ー純なる世界」 出光美術館 →

「大人のかき氷」
うおがし銘茶 茶・銀座 →
※かき氷は9月中旬ごろまで、だそうです。 
[PR]
by paocha08 | 2012-09-16 22:06 | 茶具
救世主、茶箪笥?
お茶を趣味にして、最大の悩みにして、決して尽きることのない悩み。

収納とお茶の劣化。

劣化は、必死で飲む、配る・・・最後は、あきらめるとして、
収納は・・・

スチール棚と無印○品のPP製引き出しの組み合わせで
どうにかごまかしてきた収納も
渡航回数と超円高に押されて、この1年溢れっぱなし(爆)

週末のお散歩中に、近所でたまたま見つけたこちらを
即決してみました。

茶箪笥。
e0129842_2234775.jpg

サイドボードなんて言葉さえあんまり聞かなくなったけれど、
そんなシャレた英語などとても当てはまらない、
間違いなく「茶箪笥」。
食器棚的でもなく、どうやらホントにお茶用なんじゃないかという作りです。

お店の人曰く、昭和初期のもの。
購入時にお店の人が「計りますか?」とメジャーを貸してくれようとしたけれど、
昭和な道具に、超昭和な我が家・・・必要ありません(笑)
e0129842_2235267.jpg

e0129842_22355568.jpg

中段のガラス戸の中がなかなか凝ってます。
違い棚みたいな棚と戸がカーブした吊り戸棚。

でもですねぇ、見ての通り、びっしりなんですよ。
引き出しと違って、高さ方向の空間が多くて・・・

スチール棚をこの茶箪笥に代えるつもりだったんだけど、
茶葉はすっかりはみ出したので、別の収納場所考えます、、、

やっぱり救われない。
尽きない悩みだ、収納。
[PR]
by paocha08 | 2012-04-24 22:51 | 茶具
右45度でお願いします
e0129842_21481751.jpg


あんなー、こないだ、
後ろにあるガラスの茶海に当たられてん。

カツーーンいうたで。
痛いやん、もう。

ほんでな、気がついたらな、

e0129842_2148568.jpg


上の歯、あらへんやんかー!!
舌もちょっと欠けたしー。
(下の歯は、日本に来たときには、もうなかってん。)

もうー、龍年始まって、まだ3ヶ月しか経ってへんのにー
どうすんのー?



(関西弁指導 京都出身Y)
[PR]
by paocha08 | 2012-04-06 21:56 | 茶具
新年好!
e0129842_22245598.jpg


新年好!

本日は旧正月の元旦です。
龍年の始まり〜

年末年始、上海にいましたが、旧正月の準備はまだまだという感じで、
お正月の雰囲気を醸し出していたのは、このくらい。
恭喜,恭喜〜
e0129842_2228880.jpg

・・・相変わらず、コワっ!!
e0129842_22271040.jpg

スタバはさすがのデザインでしたが。

トップの写真、茶玩具の龍はこの間の上海で入手。
まだ干支ものが全然出てなかったので、選ぶ余地なしだったのだけど、
まぁまぁの龍が手に入ったかと。
e0129842_2234987.jpg

歯抜けだけど〜
最初からなかったのか、歯に気づかずに包んだ私のせいなのか・・・

とにかく、よい1年でありますように。
[PR]
by paocha08 | 2012-01-23 22:40 | 茶具
語る茶盤
e0129842_9521328.jpg


脚です。
我が家の茶盤の脚。

カリンの木でできているのですが、湿度の変化でゆがみます。
3日お茶を入れていないと、これだけ浮きます。
3日連続1時間ぐらいお茶入れすると、乾燥シーズンでも元に戻ります。

・・・恐るべし。

仕事道具じゃなくてよかった。
さぼったのが、ばれるもの。
[PR]
by paocha08 | 2011-11-03 09:55 | 茶具