カテゴリ:日誌( 42 )
週間茶腹日誌 5月1週目
やっと週刊な週間茶腹日誌に戻れた・・・

4月末〜5月1週目、GWは、半分以上現実逃避に買い物に出掛けたりして、
結局、茶箱の隙間から取り出せたお茶を飲みました(笑

買い物に行ったドラッグストアで、無駄遣いx2。
e0129842_0214083.jpg

e0129842_0223918.jpg

タニタ食堂の有機金花プーアール茶と黒烏龍茶(海東ブラザーズ)
バスララ和漢温浴(白元)

金花プーアール茶とは、これまた、大陸の流行を
意外に早く取り入れましたな・・・チャレンジャーな感じだけれども。
それから、黒烏龍茶って、登録商標じゃなかったんだね。
・・・あらま。

どちらも中国人監修なんだろうな、と思わせる甘みとクリアさでしたが、
ちょっと酸味の気になるお茶でした。

そして、入浴剤「中国緑茶の香り」。
どれだけ分かる人が世の中に存在すると思ったのよ、白元さん?
響きもイメージもそんなにキャッチーじゃないし、
なぜそんなマニアックで、しかも、微妙な香り設定にしたのか・・・
企画者にインタビューしたい気分になりつつ、浸かりました(笑


<茶譜>
正山小種
凍頂烏龍茶(熟香)

<お湯>
バスララ 和漢温浴 「中国緑茶の香り」
[PR]
by paocha08 | 2013-05-09 00:45 | 日誌
週間茶腹日誌 4月3〜4週目
転居して2週間が経過しようとしています。
間取りも収納もすっかり変わってしまったため、茶道具の定位置は、未だ検討中。
もはや懸案事項になりつつつ・・・

引っ越しの日、旧居での最後のお茶は、旅行用茶器で。
e0129842_9232232.jpg

お布団とわずかな掃除道具だけしか残っていないおうち。
テレビと電子レンジ、残しますか?と聞かれたけれど、
それは搬出してもらって、ポットだけ。

茶海は驚くほど水切れが悪くて、半分くらいのお茶がこぼれちゃうので、
蓋碗と茶海をコップ代わりに、茶葉を直接入れて。
今朝まで住んでた部屋は、家財道具が出て行くと、ニオイも空気も音も変わって、
古くなった阿里山烏龍なのに、際だつ香り。

丸5年、お世話になりました、と、
転居先の茶空間をいろいろ妄想&心配しながら、最後の一杯。


<茶譜>
阿里山烏龍
凍頂烏龍
陳年凍頂烏龍
銀針六安
[PR]
by paocha08 | 2013-05-06 09:39 | 日誌
週間茶腹日誌 4月1〜2週目
ああ、ああ、、、
1年の計は・・・というのに近いぐらい
4月は心機一転、いろんなことが始まる季節だっていうのに、
滑り出しから、早速、まとめて週間日誌デス。

年度末の余波が続いた4月第1週。
プライベートなドタバタも重なって、全く落ち着かず、、、

ドタバタ中でも、中国茶以外の茶腹生活は、
意外と充実しているのですけど。

大寄せのお茶会に行ってみたり、
大寄せのお茶会に出てみたり。

e0129842_9511784.jpg


最近、テンションがおかしいせいか、
気になったのは、コレ。

チャチャ王国のおうじちゃま

どうしちゃったんでしょうか、宇治商工会議所。
ここ数年の宇治は、お茶屋さんのカフェが大盛況で、
ゆるキャラのイメージじゃないんですけど。
平等院大改修中で、焦っておられるのかもしれませんが・・・

ま、でも、シャンユエンは、冠が茶筅ってところに・・・やられました。
思わずフォローしたけれど、普通のテンションで
つぶやきを見ると、複雑な心境になります。
ま、お茶関係なので、我慢しよう(?)。


<茶譜>
月光白
宜興紅茶
大益 紅妆熟茶餅 2007
銀毫圓餅 2006
陳年凍頂烏龍
[PR]
by paocha08 | 2013-04-16 09:57 | 日誌
週間茶腹日誌 3月第4週
ひとやすみ。
e0129842_23583817.jpg











スミマセン。
[PR]
by paocha08 | 2013-04-11 23:59 | 日誌
週間茶腹日誌 3月第1〜3週
お久しぶりです。
シャンユエンです。

早くも、週刊じゃない、まとめて茶腹日誌登場・・・(笑

いや、ほんとに仕事もプライベートもいろいろ満載で。
3週間もあったのに、あんまり飲んでません。
e0129842_071756.jpg

お花見シーズンになったら、この茶杯使おう、と思ってたのに、
心の準備も間に合わないままに、超満開、、、早すぎますって。

この茶杯、めずらしく日本でのお買い物。
桜柄だけはねー、中国では手に入らないのですよ。
桃か、海棠で代用するしかない、っていうぐらい。
そういう意味で、レアアイテム。

あーあ、余裕のない年度内に桜満開になっちゃって、
仕事終わった!桜咲いた!!
感がなくて、残念。
とっても個人的事情だけれども。


<茶譜>
月光白
凍頂烏龍(熟香)1
凍頂烏龍(熟香)2
陳年凍頂烏龍
宜興紅茶
果香烏龍
比賽茶(台湾烏龍だけどなにかは謎)
高山茶(これも台湾烏龍だけどなにかは謎)
[PR]
by paocha08 | 2013-03-24 00:19 | 日誌
週刊茶腹日誌 2月第4週
2月は短くて困ります。
日付を見て、まだ先だなー、と思っていたら、
実は来週だった、みたいな・・・

さて、今週は、台湾茶の魅力をやっと認識した週でした(何年かかって?)。
大陸系の中国茶を徹底的に飲んできたシャンユエンにとって、
台湾茶のファーストインプレッションは、

パンチがない
ぼんやりしている

台湾系のお茶人の方々が低めの温度でゆっくり抽出するのもあって、
丸く、とろみのあるお茶が出てくることが多かったせいもあると思います。

特に文山包種。
烏龍茶なのに、なんだかまったりと淡い味わいに、
これならいっそ煎茶でいいや

と思っていました。
全然違うんだけれども。

最近、あちこちのお煎茶を飲む機会が増えてきて、
旨みを追求して生産したお茶に出会うことが増えました。
これはこれで、お煎茶の1つの形なのだと思うのだけれど、
シャンユエンの記憶にある「いつものお煎茶」の延長とはかけ離れていて、
どうもしっくりきません。

そこで、和菓子に合わせたのが、たまたま頂いた文山包種。
甘さ控えめブームの潮流に乗って、甘さを控えた和菓子に、
ほどよい旨みと甘みがある文山包茶は、ベストマッチでした。

伝統文化だと思っていたお菓子も、お茶も、時代とともに変化。
日本の気候、日本の食事には、日本のお茶が合う
と思っていたけれど、そうでもないかもしれません。
煮物、焼き魚だけじゃない現代の日本の食卓には、
意外と台湾茶がベストマッチかも。

文山包種、初めていいと思ったけれど、
問題は、この文山包種が「頭等」モノだったこと・・・


<茶譜>
文山包種
陳年凍頂烏龍茶
凍頂烏龍茶 熟香
寿眉
鳳凰単枞 蜜蘭香
2003年 7582青餅

e0129842_2374485.jpg

写真がないことに気づいて、2003年の青餅の茶殻。
普洱餅とは思えない立派さ。
[PR]
by paocha08 | 2013-03-05 23:12 | 日誌
週間茶腹日誌 2月第3週
先週に引き続き、晩ご飯もままならない忙しさが続いた2月第3週。
でもなぜか体重は大して減りません。
なんだ、食べても食べなくても変わらないなら、食べるさ、もう。

ま、そんな仕事も、そろそろ終わり、というか
ピークを下り始めるメドが経ってきたので、
休日出勤はせず、ご褒美を。

e0129842_1781734.jpg

京都中村軒の麦代餅とよもぎだんご。


<茶譜>
陳年凍頂烏龍茶
(上の写真のお茶は、2月4週目にカウント。)
[PR]
by paocha08 | 2013-02-24 17:13 | 日誌
週間茶腹日誌 2月第2週
e0129842_11394621.jpg

旧暦のお正月は、タイミングよくお茶会へ。
たくさん飲みました。
e0129842_19573212.jpg

私にとってお初は、台湾白茶。
世界的(?)白茶ブームに乗って、台湾まで白茶生産・・・(笑
でも、どう見ても、茶殻は東方美人ですな(左)。

メインは1985年、2004年、2012年の普洱茶。

e0129842_1952217.jpg

ちなみにこちらは、1920年代のお茶の茶殻。
お湯を注ぐだけではなく、すでに煮出したりしてるのですが、しっかりしています。
90年、、、大正時代あたり。
90年の間に、世界が紆余曲折を経て、時間的にも精神的にも近くなり、
日本で日本人が飲んでいるとは。

というわけで、今週は仕事が、晩ご飯もままならないほど、
超忙しかったのですが、休日中のお茶会のお陰で、充実の茶譜でございます。


<茶譜>
玖瑰普洱 (2006年普洱熟茶使用)
鉄観音 清香
東方美人
白牡丹
台湾白茶
普洱餅茶 雪印7532 1985年
普洱餅茶 7532 2004年
普洱餅茶 桃花源 2012年
お客さん持ち込みの謎の緑茶ベース花茶(笑)
(以上、Iさんお茶会)

鳳凰単枞 黄枝香
岩茶 肉桂
旭日茶荘オリジナル 普洱生茶 沱茶 2007
大益 紅妆熟茶餅 2007
月光白 冷茶
(以上、自己開催バレンタイン茶会)
[PR]
by paocha08 | 2013-02-17 21:24 | 日誌
週間茶腹日誌 2月第1週
新年快楽!!

中華関係の皆様、あけましておめでとうございます。
東京は、快晴の旧正月になりました。

ちょうど日本も3連休。
日本は、旧正月の旧の字もなく、バレンタインのバ、
チョコレートのチョでいっぱいですね。
どこのお店も、売り場も大混雑で、クリスマスのケーキ屋さんを彷彿とさせる盛り上がり。
日本人って、こんなにチョコレート好きだったっけ?

e0129842_10123825.jpg

そういえば、茶腹日誌本体が2冊目になりました。
去年は3ヶ月坊主ぐらいで、初夏〜秋の記録が全くないのですが、
今年は、1年つけ続けてみたいと思います。(←新年の抱負?)

ところで、今週は、なにを思ったのか、数年振りぐらいに
ジャスミン茶を蓋碗で丁寧に淹れてみました。
特に極上品が手に入ったとか、そういう理由ではなく。
そういえば、中国茶がほんとに初めてのころ、
ジャスミン茶にさえ、感動してたなー、と思って。
そして、市場の売り子ちゃんが、
ちゃんと蓋碗で淹れてくれたのを試飲して買ってたなー、と思って。

いつしか、職場でマグでしか飲まないお茶になってしまって、
同じ頃、生産地の事情で上級品も手に入りにくくなってしまったので、
いつものお店で、試飲もせずに買い足す程度の地位になってしまったけれど。
ほんとうは、ものすごく奥の深いお茶なんだよね。


<茶譜>
岩茶 老枞水仙
茉莉龍珠
鳳凰単枞 黄枝香
盧鑄勲熟餅 2006(香港、新星茶荘)
六安銀針
[PR]
by paocha08 | 2013-02-10 10:29 | 日誌
週間茶腹日誌2013 1月第5週
e0129842_1115867.jpg

バレンタインに向けて、チョコレートのお菓子、せっせと試食中です。
お茶との相性を見ているのですが、思った以上に深くて、驚きます。

さて、今週も仕事が忙しく、
ご飯も家でほとんど食べていません。
・・・が、書き出してみると、いつの間にかお茶は飲んでたみたいです。


<茶譜>
岩茶 馬頭岩肉桂 2011
盧鑄勲熟餅 2006(香港、新星茶荘)
迷你沱茶(熟茶) ?年(2006年以前)
岩茶 黄旦
旭日茶荘オリジナル沱茶(生茶) 2007年
[PR]
by paocha08 | 2013-02-03 11:24 | 日誌