カテゴリ:青茶( 39 )
十六夜のスーパームーン
十五夜は見られませんでしたが、十六夜は、雲の間から、満月が。
しかもスーパームーンでお目見え。

e0129842_23165349.jpg

初めてそれらしく撮れたお月様。
いろいろいじってみて、たまたま撮れてたので、
結局どういう設定で撮れたのかよくわかりませんが…

十五夜は、ケーキで過ごしたので、
十六夜は、月餅を。

今年もひょんな所から我が家にやってきた月餅。
e0129842_2320826.jpg

e0129842_23202560.jpg

黒あん、白あん、栗あんの詰め合わせ。
中華料理店でも日本のお店だと、さすが、和菓子でもない完全中華でもない、
ほどよい感じに仕上がっています。
そのほどよい感じのせいか、皮が少し柔らかく、型はやや崩れているけれど。

お茶は、乌岽单枞鸭屎香(鴨糞香)。
月のきれいな日に、なんか衝撃的な名前のお茶を淹れてしまった…
いや、名前とは反対に、とってもよい香りの爽やかなお茶なんですけど。
[PR]
by paocha08 | 2014-09-11 23:42 | 青茶
金魚おさめ
自分でまともにお茶を淹れたのは、1ヶ月ぶり以上。
一度涼しさを経験してしまうと、29℃でも十分暑い。
秋の澄んだ空から照りつける日差しは、肌に刺すようで気温以上に暑い。
昼間の熱気が籠もり、湿度満点、無風だった夜、久しぶりにエアコンON。

一夏、飾っておいただけの蓋椀で、熱いお茶を。
e0129842_11203035.jpg

去年の夏の上海。
よりによって41℃を記録した日に試飲した岩茶 白瑞香。

久しぶりに染みるお茶。
茶葉も肉厚、三紅七緑で、とってもよろしい感じ。

…さて、金魚、収めよう。
[PR]
by paocha08 | 2014-09-08 11:32 | 青茶
来年を待つ
毎年、我が家にやってくる「とある」お茶。
台湾の「とある」会社が取引先にお土産で携えてくる凍頂烏龍茶。
もともと市販品なのか、ノベルティ専用なのか、よくわからないけれど、パッケージには「とある」会社の名前が印字されている。

台湾企業のメンツがあるのか、毎年やってくるその「とある」お茶は、
茶葉はそこそこだけれど、ほどよく焙煎(中火)が効いていて、香ばしく甘い香りが立ち上り、茶水も甘くて、日常飲みにはもってこい。

しかーし、今年は、
e0129842_1643528.jpg

茶葉は、緑がかっているし、なんだか粒が小さくて、撚りも甘い…
恐る恐る淹れてみたら、1煎目だけ立ち上る甘い香りに、清香と軽焙煎との間みたいな水色で透明度も今ひとつ。味は、寝ぼけたような…そう、2煎ぐらい飲んで、数時間おいておいた茶葉みたいに、なんだか蒸れちゃった味。

湿った茶葉をもう一回乾燥した上、着香したか?

と、久々に、中国的懐疑心が沸きました(笑

どうしちゃったんでしょうねぇ。

茶葉の値段が暴騰しちゃったとか、
仕入れ元の茶農家の職人さんが変っちゃったとか、
会社の経営が悪化してるのかとか、
はたまた、生産から流通にかかるまでのどこかで、ちょっとした裏切りが発生したとか

…いかーん、また中国的懐疑心がーーー(笑

見間違いかも?と思って、もう一回淹れてみましたよ、一応。
…最初の印象を再確認しただけだったけど(爆
久しぶりだな、こういう、なんというか…倉にも入らない、サヨナラ茶葉。

メンツを大事にする中華圏の方々。
彼らのメンツに期待して、来年の茶葉を待ちますわ。
来年は、上層部の激が飛んで、今までを上回るとびきりの茶葉が届いたりして。
[PR]
by paocha08 | 2014-08-11 16:35 | 青茶
鈍る
気がつけば、1ヶ月以上、ブログ放置・・・
迷子」どころじゃなくて、ほとんど「行方不明」ですな、こりゃ。

昨日、ちょいと久しぶりに淹れたら、見事に美味しくないお茶が入りました。
苦みと、焙煎のえぐみみたいなのがフルに活かされたお茶が(笑)

e0129842_1081344.jpg

よく見たら、茶葉入れ過ぎでした。
ははは、茶葉量だけは、即決で、百中なのが特技だったのになー。
一見、茶葉屋さん的淹れ方で、盛り盛りながら、ぴったりの茶葉量に見えますが、
底の方の茶葉開いてません・・・もったいなーい。

ということで、サボると、すぐ感覚が鈍るんですね。
はぁ、、、

美味しいお茶が飲みたーい!


元に戻るまで、まずくても、淹れ続け、飲み続けるしかないか・・・
まずいお茶飲まずに、元に戻す方法があったら、教えて下さいませm(_ _)m
[PR]
by paocha08 | 2013-11-28 10:15 | 青茶
中秋節快楽!
お久しぶりになりました。
中秋節なので、中国茶ブログとしては、

なんか書かなくちゃ!

という、意味不明な使命感というか、強迫観念に縛られて、
久しぶりに更新。

今年はカメラが新しくなったので、きれいな月が撮れるかも〜♪
と、張り切って早く帰ってきたけれど、
カメラの仕様が高度になった分、全く使いこなせず、
頼みの「Auto」モードは、精度良すぎて、
本人の思惑とは違う暗闇のモノがばっちり映ったり・・・

ということで、月が撮れないので、


e0129842_23325736.jpg

月餅、撮ってみました・・・(悲)

シンガポール土産で頂きました。憧れのスターバックス月餅(←高価)。
割ってみると、

e0129842_23372482.jpg

あれ?
塩漬けの黄身入ってるけど、真ん丸な黄身にはこだわりないのかね?
・・・ま、外資系ですからね。

お茶は、乌岽单枞の通天香。
月まで届くよい香りってことで、ぴったりでしょ?と思って選んだんだけど、
香り微妙、茶殻も微妙・・・
e0129842_23423293.jpg

思わず同じお店で買った別の未開封茶も心配になってチェックした十五夜でした〜。
[PR]
by paocha08 | 2013-09-19 23:46 | 青茶
枝付き
数年前に一期一会だからと買って、
試飲しただけで、放置していた岩茶「黄観音」の毛茶(荒茶)。
まだ枝を取ってない、荒茶です。

上海の市場で、鉄観音の枝取りは日常の風景なので、
欲しければ、たぶん枝付きの荒茶のままで売ってくれると思うのだけど、
岩茶は、産地で枝取りしてくるのか、枝付きは、なかなか見かけないのです。

で、ものめずらしさで買ったのだけど、ねぇ。

お茶を飲むときはいつも「今すぐ」なもんだから、
枝取りしてから、なんて、待てない。

・・・で、放置されること、半年以上。

あーあ、焙煎軽いし、味落ちただろうなー、

と思って、また1年。

と、そうこうしてるうちに、たぶん2年も寝かせてるような気がします・・・
恐る恐る、飲んでみましたよ。
e0129842_20531375.jpg

結局、枝付きのまま(笑

枝付いてるのに、味も香りもいい!
まだいける!

ちょっとほっとしたのでした。
案ずるより、早く飲め・・・(笑
[PR]
by paocha08 | 2013-06-13 21:03 | 青茶
肉退治
個人的に、なぜかものすごく遠い感じのする浜松町〜品川付近。
浜松町と聞くと、大好きなお茶イベントでも、ちょっと面倒だな、と思うほど。
気分的に遠いだけで、実は時間もそんなにかからないのにね。

で、お茶イベントだけというのもなんなので、他に用事を探していたわけですよ。
モチベーション上げるために(?)。

「東京食肉市場まつり 2012」

市場好き、普段入れないところに入れるの好き、卸売りも好き、
肉・・・まぁまぁ好き。
e0129842_7114736.jpg

ということで、ちょっとモチベーションを上げて出掛けてきました。

こういうイベントって、安さを売りにするけれど・・・?
と思っていたので、見るつもりで行ったのだけど、

「ははは、山形牛100%にしてみました〜」

と、お店の人が自分で笑っちゃうような牛挽肉があったりして、つい、購入。
周りのお客さんの熱気に飲み込まれて、また購入
・・・とかなりの肉量になりまして。

夕食は、山形牛と野菜の蒸籠蒸し。
結構霜降ったお肉のお供は、烏龍茶。

e0129842_714912.jpg

その名も極品黒烏龍茶。

サントリーの特定健康食品とは一切関係ありません。
いや、サントリー側からすれば、関係ありません。

このお茶を売ってる方からすると、
サントリーのお茶、売れてるし、有名だし、
わかりやすいネーミングだし、
このお茶、同じように湯色、黒いし、
・・・ということで、関係あるつもりかもしれません(笑

こんな風にバッタものと理解されるものが日々量産される中国(笑

本人たちは、人をだまそうと思ったわけではないのですよ(たぶん)。
個人的に同じようなもんだ(差不多)、と思ったから、同じ名前にしただけ。
言葉の壁とか、元来のアバウトさとか、
そもそも店主はともかく売り子に商品知識がなかったとか、
いろんな事情で、説明がうまく伝わらなくて、あとで、
騙された、とか、ニセモノだった、とかいう理解になることも想像に難くない。

で、これ。

中国でここ何年もの間流行だった清香(湯色が黄緑色)の安渓烏龍に対して、
しっかり焙煎の熟香で湯色が茶〜黒っぽいから、
流行の名前をそのまま頂いちゃって、黒烏龍茶。
・・・至って、単純。
(まぁ、独創とか工夫とかなく、ここがパクリと言われるゆえんなのだけど。)

茶葉は、鉄観音と本山烏龍のブレンドです。
サントリーは、そもそも武夷山の岩茶が原料だし、
独自製法でウーロン茶重合ポリフェノールを多くしてるわけなので、
茶葉も、効果も、かすってもいないぐらい違います。

焙煎のお茶は、お肉によく合って、さっぱりするので、
思い出したようにひっぱり出してきたのでした。
肉食生活に、しばらく活躍してもらおう。
[PR]
by paocha08 | 2012-10-21 07:46 | 青茶
シャキっと秋分
やっと、でも急に熱帯夜から解放された東京。
気温は、真夏日&熱帯夜の日々から、ぎりぎり夏日、夜は肌寒い感じに。

・・・よく眠れます。
もう、夏の寝不足大爆発で、眠たくて、眠たくて。
昼間もぼんやり。

ということで、シャキっとするお茶を。
私としては、清香の鉄観音が、そのお茶。
なんせ、夜飲むと、なぜか眠れなくなるからね。
(お抹茶も、エスプレッソも効かないのに。)

e0129842_23103114.jpg

枝ごと落ちてたどんぐりと。

気温25度そこそこ。
涼しい風が吹いて、お茶飲みに心地よい部屋は久しぶり。
鉄観音だけじゃ収まらなくて、私的に勝手に秋を感じるお茶、中焙煎の岩茶へ。


お茶シーズン、到来!



〜茶譜〜
 鉄観音(清香)
 岩茶 黄旦(中火)
 岩茶 八仙(軽火)

〜BGM〜
なぜかBON JOVI
[PR]
by paocha08 | 2012-09-22 23:21 | 青茶
復習して混乱する
シャンユエンの中国茶知識&淹れ方は大陸(上海)仕込みなので、
台湾茶はよくわかりません。

大陸のお茶を飲んだときの感想にしても、
香港系の方(香港人という意味ではなくて、香港で中国茶に親しんだ方)、
台湾系の方とは、なんだかずれてしまいます。

ということで、一番わからない台湾茶のベースを作るべく、
とある秘密基地に出かけてみました。

5時間、いろんな並べ方をしてもらって、トータル17種類ぐらいのお茶を飲む。
飲んでは、

「んー」
「ふーん」

を繰り返して。

たぶんこれを3回ぐらい繰り返すと、きっとなにか掴めるんだ、
ということだけ確信して帰宅(爆)。

本日は、お土産復習に頂いたお茶を自分で淹れてみて、
また「うーん」。
しかも、自分で淹れると、昨日のお茶となんか違うし。
e0129842_23554980.jpg

他と比べるどころか、そもそもこのお茶はどの味が正解なんだ?!
みたいな・・・。

迷走始まる(笑)


ちなみに秘密基地は中国茶専用の1Kの基地。
書斎みたいでもあるし、いいなぁ、大人の秘密基地。

正式名称としては、「Lab」(ラボ)らしいのですが、
シャンユエンにとってラボはこれ↓なので、
まうさんのとこは、やっぱり「秘密基地」です。
e0129842_035524.jpg

[PR]
by paocha08 | 2012-01-23 00:08 | 青茶
スパークリング☆X'mas
Merry Christmas !!

e0129842_23281462.jpg


仕込んでおいたローストポーク。
あとはジャガイモを洗って、半分に割って、オーブンに入れるだけ
・・・という、たったそれだけの作業さえも突然面倒になって、
イブは、行きつけのインド料理屋さんで、タンドリーチキン(爆)

ローストポークは、本日のクリスマスランチとなりました。
ノンアル夫婦のシャンユエン家。
肉汁たっぷりのお肉に合わせたのは、スパークリング☆鳳凰単枞。
いろいろある香りの中でも、ブドウのようにフルーティーな白叶烏龍を
昨晩から常温で水出ししておいて、炭酸水で割りました。

お肉の脂、烏龍茶成分で少しリセットされたかなぁ

・・・そんなわけないな

なにもいりません。
むしろ、余分なモノを回収して欲しいクリスマス(爆)
[PR]
by paocha08 | 2011-12-25 23:39 | 青茶