カテゴリ:その他お茶( 35 )
おうちで台湾B級グルメ
マカオ話を書こうと思っていましたが、今朝の朝食を。
e0129842_11145063.jpg


業務用スーパーで見つけた台湾セット(※セット販売ではありません)。
冷凍タピオカミルクティーの素と冷凍葱抓餅(手抓餅)。
e0129842_11162057.jpg

お値段忘れましたが、どちらも300円台だったような気がします。

タピオカミルクティーは、凍った紅茶液とタピオカを湯せんで溶かして、牛乳を注ぐだけ。
紅茶液は、アールグレー風味で、しっかり甘味もついています。ストローも付属。

葱抓餅は、くっつかないように一枚ずつ間にシートが挟まれています。
フライパンでそのまま焼くだけ。焼いている間に餅から油が染み出してきます。
お皿にとったあとほぐすと、サクサクの層になる、と書いてあるし、そうなりそうなポテンシャルは十分あるのですが、なんだかうまくほぐせませんでした。焼き方にもコツがありそうな。
台湾おばちゃんの手際を思い出しつつ、要研究。

タピオカミルクティーは、結構な甘さと香料で、シャンユエンはやられ気味になりました。(そもそもアールグレー苦手...)ミルクティーは自作して、単品で売っている冷凍タピオカを入れたほうがいいかもしれません。

葱抓餅は、やや塩気が強いですが、いい線行っています。
結構油ギッシュなところも、いい線...お茶必須です。

業務用スーパーは、面白い輸入食材があったりするので、定期的にパトロール(笑。
マレーシアの薄焼きパン、ロティパラタがお気に入りです。

でも、ロット仕入れなのか、前にあった商品があったりなかったり、
ある日突然復活してたり。
今日見たら、ご紹介した2つとも業務用スーパーの商品ページには載っていないので、
もしかすると今日はすでに店頭にないかもしれません。あしからず。
[PR]
by paocha08 | 2015-06-14 11:47 | その他お茶
ラペットウ
11月のことですが。
e0129842_1518017.jpg

グルメ目的に大学祭へ。
27もの専攻語数を誇るこの大学、大学祭では各専攻語の1年生が料理店を出すのです。
e0129842_15182792.jpg

その数29店舗。
(あれ?専攻語数より多いけど?)

e0129842_15185237.jpg

さすが、専門家集団、、、メニューがマニアックすぎて皆目わかりません。
が、ビルマ語専攻のお店で見つけたのは、
お茶の葉のサラダ、ラペットウ 80円。
茶腹ブロガーとしては、買わないわけにはいきません(?)。

e0129842_15192049.jpg

こちら。外語大流ラペットウ。
緑茶、キャベツ、松の実、ゴマなどがお塩とごま油で和えてあり、
美味しかったです。

このお料理、初めまして、だったので、あとで調べてみると、
どうやらミャンマーの国民的料理みたいです。
ただ、お茶の葉は、本来発酵させたものを使うみたい。
混ぜるものは、地域によって、家によって、時によって違うみたいですね。
解説は、いろいろありそうですが、一例として、JICAの記事を上げておきます→

発酵したお茶の葉ということにこだわらなければ、お茶を淹れたあと、
捨てるのがもったいないほど優秀な茶葉の活用方法として、日本茶でも使えそうなお料理です。
[PR]
by paocha08 | 2015-01-07 19:00 | その他お茶
じっくり待つ夏
3時間後の自分の過ごし方を考えて、お茶を用意する
e0129842_1046799.jpg

すぐに予定や気分が変わるシャンユエンには、なかなか難しいこと。
先の時間を考えて、ほんの少しの準備をする時間のなんと贅沢なこと。
そして、待ち受けるのは、旨味と香りが凝縮された一服。
e0129842_10461463.jpg


宇治から届いたのは「碾茶折(てんちゃおり)」。
抹茶の原料となる碾茶。
抹茶は、碾茶の茎や固い葉脈取り除いて、柔らかい葉の部分だけを挽いたもの。
これは、除かれた葉脈の部分を集めたお茶だそうです。
説明書きに従うと、茶葉を急須の3分の1ほども入れ、お水を注いで、冷蔵庫で3時間。

3時間後に出来上がるお茶に合わせるお菓子を考えながら、
ちょっと買い物に行ったり、家事をしたり…

今日も暑いですね。
[PR]
by paocha08 | 2014-08-07 11:03 | その他お茶
夏!
e0129842_18364417.jpg


昨日は猛暑の中お出かけしたので、
今日は家から出ないと決めて(?)、まだ一歩も出ていません。
雷雨で涼しくなったら出ようかと思ったけど、湿度さらにup !
一日中エアコンの効いた部屋で、冷たい飲み物を飲みながら、
部屋着で撮り貯めたテレビを見ているというダメな人の典型みたいになってます…

e0129842_17582392.jpg


最近メインの飲み物は麦茶。
ずっと一保堂がお気に入り。
今まで、コーヒー用のガラスサーバー(三角錐の)でごまかして作ってたのだけど、頑張って700mlぐらいしか沸かせないので、この夏、ようやくやかん、買いました。
e0129842_18353253.jpg


便利(笑

ちなみに今日の晩ご飯は、昨日の来客用に作りすぎて残ったインドカレー4種。
晩ご飯も作らなくていいなんて〜、徹底してダメになれる日(笑
[PR]
by paocha08 | 2014-07-27 18:42 | その他お茶
ほうじ茶
e0129842_1036146.jpg

初夏だっていうのに、なんだか秋みたいな画像になっちゃいました・・・

宇治産(たぶん100%)のほうじ茶をどどーんと1kg頂きまして、
e0129842_112413.jpg

(これで500g)
テンションあがるわー(笑)

ところで、ほうじ茶について、ずーっと気になっていることが。

このほうじ茶、急須でいれると、若干弱々しく、茶葉が活かされていない感じがしていました。くださった方とその友人に聞けば、

ほうじ茶は、やかんで沸かす

と口を揃えて。
どうやら、朝一番に大きなやかんに沸かして、喉が渇く度にそこから各自注いで飲むのが子供の頃からの習慣らしいです。ただ「沸かす」の詳細がよくわからず。
茶葉をやかんに直接入れるのは確かなようなのだけれど、多少煮出すのか、一煮立ちなのか?

まぁ、ただ、産地の方々がそうして飲んでいるのなら、それが一番美味しい淹れ方だろうと、シャンユエンも、やかんに直接方式に変更。煮出すのは、勇気がいるので、一煮立ち、で。こうして淹れると、部屋中に香りが広がり、香ばしく、甘みのあるほうじ茶ができあがります。

京都には、ほうじ茶の他に、京番茶という独特のお茶があって、
こちらはやかんで沸かすのが主流だと思うのだけど、
家庭では、ほうじ茶も沸かすのが主流なんでしょうか。
いつの頃からか、区別がなくなっているだけかもしれないけれど、
少なくとも、頂いたほうじ茶は「沸かす」方式に合った仕上がりになっているみたいで、圧倒的に沸かした方が美味しいお茶でございました。

皆さんのおうちは、沸かす派?
[PR]
by paocha08 | 2014-05-08 11:27 | その他お茶
ピークラウンジでお茶を
e0129842_11551664.jpg

たまの贅沢、アフタヌーンティー。
定番にしているというよりは、日本ではここしか行ったことがないのだけど、
パークハイアット東京 ピークラウンジ(→)。
吹き抜けで高い天井に、ほとんどガラス張りの空間で、開放感抜群。
富士山もスカイツリーも一望で、晴れた日は、眩しいけれど、最高です。

選べる飲み物は、各種コーヒー、紅茶、煎茶、ハーブティーなど種類も豊富。
煎茶は、奈良の月ヶ瀬にある井ノ倉茶園のもの。
このお茶をベースにしたハーブティーもあります。

ずーっと前に、百貨店に出店していらしたときに、
紅茶と烏龍茶も作ってみて、期間限定でメニューに加える企画中、
と伺っていましたが、どうやら期間限定でなく、レギュラーメニュー入りしたよう。
メニューには、月ヶ瀬紅茶と月ヶ瀬烏龍茶が記載されていました。
e0129842_11552372.jpg

e0129842_11553791.jpg

当然、オーダー。
両方とも。

紅茶は、色もきれいだし、甘みがあって、なかなか美味しかったです。

烏龍茶は、なんと、ティーポットとワイングラスという
少々ちぐはぐな取り合わせで用意されてきました(笑)
香りを楽しんで欲しいとのことですが、残念ながら、香りも味も
・・・シャンユエンには薄すぎて感じられませんでした。
ということで、評価不能。残念。

グラスって、温かいお茶の場合、冷めやすいせいか、
香りが薄くなってしまう傾向にあって、あんまり向いてないと思うんですよねぇ。
そもそも、ポット内でも、ほとんど香っていなかったし、味もほとんどなかったので、まずは、茶葉倍増(以上)を希望しますが・・・

その上で、どうしてもグラスを使うのなら、シャンパングラスかなぁ。
でも、ポットと背の高いグラスは、見た目がちぐはぐで、
注ぎ入れるときのバランスも悪いから、ショットグラスぐらいで手を打つのはどうでしょうか?
(↑ 誰に言ってるんだ?)
[PR]
by paocha08 | 2014-03-10 12:39 | その他お茶
台湾がやって来た
近所の駅近くに
e0129842_085193.jpg

台湾が来ました。

いわゆるタピオカミルクティーのお店。
タピオカミルクティーのお店そのものは、
もはやそれほど珍しいものでもないのかもしれないけれど、
このお店、

・ベースのお茶にジャスミン茶や焙煎の烏龍茶がある
・キャッチコピー、商品名が、台湾語のままで意味不明

という点で、本格的(笑

「現泡の茶専門店」

・・・って、日本語に見せかけて、ぜーんぜん日本語じゃないから!

e0129842_0769.jpg

甘さが数段階で選べますが、せっかくなので、台湾らしく、と思って、
通常の1つ上のレベル7にしたら、半分ちょっと飲んだところで、くらくらしました。
心地よい春の日本で、蒸し暑い台湾レベルの糖分は必要ない、ってことで。

いろいろ突っ込み処満載のお店ですが、お茶の味もしっかりしていて、
結構大きめのカップに、400円でおつりが来るお値段設定は、いい感じです。
[PR]
by paocha08 | 2013-03-27 00:28 | その他お茶
宇治産茶
e0129842_23104642.jpg

見たこともない怪しい形状のこのお茶。
宇治の茶畑に縁のある友達から

「作ってみたよ」

と送られてきた蓋碗1回分。
茶葉は、間違いなく宇治産だろうと思うのだけれど(彼の状況からして、
むしろそれ以外の茶葉を手に入れることの方が困難だから)、
なんなんでしょうか?
この形、この色。

紅茶?
ものすごくよく揉んで、丸めた紅茶?
しかも、金色の茎(葉の根本)が一粒一粒にくるくると絡みついてる。
この処理具合、葉っぱむしったときに気持ちよくちぎれなくて、
やむなくこうなったんだろうねー、と簡単に情景が・・・間違いなく、手摘み(笑

淹れてみると、まぁ、広がらない、広がらない。
5分経っても、この状態。
e0129842_23175599.jpg


待ってられないので、2分ぐらいから飲んじゃいましたけど。
e0129842_23185931.jpg

湯色の透明度、半端ない・・・
アクもなければ、渋み、苦み、クセもない。
とにかくとっても甘くて、色、味ともクリアなお茶。

クリア過ぎて、コクが難しいところだけれど、
金芽たっぷりの紅茶に近いでしょうか。
もちろん、葉っぱは黒々、しっかりしていて、金芽ではないのですが、
茶葉は見た感じ完全発酵してるし。

もはやなにをどうしてこうなったのか、よくわからないお茶なのだけど、
宇治で、碾茶(←抹茶の原料)にするお茶を摘んだあとの茶葉の可能性もあり、
葉っぱが小さいところを見ると、八十八夜後にまた出てきた若葉かも?

・・・と、原料不明、製造方法不明の超ブラインド品茶。
しかも、答えなし(笑

うーん、インパクト大のルックスだし、
甘くておいしいので、なんか名前付けたら売れるかも。

金螺甘露とか、
金螺紅とか、どうよ?

ちなみに、友達の「彼」、宇治の茶畑に縁があるだけであって、
茶業関係者でもなんでもない、完全にただの素人です。
[PR]
by paocha08 | 2012-10-25 23:44 | その他お茶
煎茶に固形茶
固形茶「と」煎茶

・・・ではありません。
「と」だったら、お茶の歴史を語るエッセイとかで、ありそうですけど。

今日は、「に」。
固形茶 " in " 煎茶 デス。

中国茶界では、固形茶と言えば、
e0129842_0424120.jpg

これ。
特定の形状に固められたプーアル茶など。


先日の煎茶のお稽古。
いつもの通り淹れたら、入ったお茶は出汁でした ∑(゚◇゚ノ)ノ


先生が、

「これ、どう?どう思う?」

「出汁・・・?!」

と、思わず答えた私は、大正解。
袋を見たら、原材料に、「緑茶、固形茶、アミノ酸」と・・・。

抹茶入り煎茶さえも邪道だな、と思っている私なのですが、
邪道かどうかよりも、固形茶って・・・?

ネットでいろいろ見てみても、あまりはっきり書いていないところが多いですが、
総合すると、どうやら、粉茶ベースのなにか、のようです。

緑茶って、明らかに抹茶をまぶしてある粉っぽいものはともかく、
それ以外は、緑茶しか入ってないと思ってたけれど、
見た目わからないのに、いろいろ入ってるのがあるんですね。

日本茶は全く味音痴で、お稽古も2年になろうかというのに
美味しさの基準もさっぱりできていないシャンユエン。

中国茶の評茶員として、せめて、「出汁」は見抜けてよかった・・・(爆)
[PR]
by paocha08 | 2012-09-14 01:12 | その他お茶
高層階で茶腹なひととき
多少秋らしさも垣間見えますが、まだまだ蒸し暑い東京。
家では、もっぱら氷水で、大満足(爆)。

涼しいところで、久しぶりに茶腹なお茶時間を。
e0129842_2251416.jpg

雨の予報もありましたが、お天気も上々。
東京を一望、富士山まで見渡せるラウンジで
e0129842_22124751.jpg

やっぱり、3段!!
でも、暑い中、駅から結構歩いたので、とりあえず
e0129842_22142966.jpg

どーんとアイスティー(飲みかけ失礼!)。
ホテルラウンジですが、ここのアイスティーは、
居酒屋の烏龍茶ですか?サイズ(笑)
(ポットサーブと同じ量・・・?)

紅茶、お煎茶、ハーブティー、コーヒー類とも、
多彩な種類を何杯でも、心ゆくまで。
e0129842_2240156.jpg


3段トレーは、この他にプレーンスコーンがセット。
さらに、プチスイーツ4種類、フィンガーフード4種類が
トレーサービスで好きなだけ。
さらに、マカロン2種も回ってきましたが、これは、好きなだけかどうか?
e0129842_2240178.jpg


茶腹どころか、満腹必至のアフタヌーンティー。

今日は、

セイロンアイスティー
カフェモカ
大和煎茶&レモングラス
ウバ
ニルギリ

・・・と、やっぱり結構飲みましたねー。
前はメニューにあったネパール紅茶、イラムがなくて、ちょっと残念だったけど。

いろんなところで、アフタヌーンティーしたり、お茶してきたけれど、
景色も、サービスもいいし、
やっぱり日本の小麦粉は、美味しいなー、
お水は合うなー、と思うのでした。

海外旅行がどれだけ楽しくても、日本はやっぱりホームなのです。



パークハイアット 東京
 ピークラウンジ →
[PR]
by paocha08 | 2012-09-08 22:42 | その他お茶