<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
蔵茶
e0129842_051642.jpg

相変わらずアクセスブロックが続くこのexcite blog。
中国語が表示できるため中国在住ブロガーにも使いやすいく、
今回はかえってそれが仇?
中国5年に1回の国会、全人代開始前から始まったブロックなので、終われば解除されるかとおもいきや、未だブロックされたままですね・・・国内情勢も微妙なものがあるし、もはやオリンピック終了までこのままか?と友人たちとは話しております。

ということで、今日のお話は最近微妙な情勢で注目度大のチベット。

でも、お茶ブログなので、お茶ですよ。
政治や人権の話は、ここではやめておきます。
・・・みんなブロック解除されたのに、私だけ解除されないとか、悲しいし。

チベットは中国語で「西蔵」。
そこで飲まれるお茶は「蔵茶」と言います。

チベットは標高が高く(ラサで軽く富士山9合目超)、お茶の栽培に適した標高をとっくに超えているため、お茶は別の地域(お隣の四川省)から、運びやすく保存しやすい形にされて、運ばれてきます。その形と言えば、四角いレンガのような形。圧縮されてカチカチです。最近は使いやすいように、板チョコレートのように加工してあったり、これまた小さなチョコレートのような個別包装になっていたりするものも多いようです。いずれにしても原料のお茶はグレードは高くなく、大きな葉っぱや枝いっぱいで構成されているようですね。そして、最低1年程度保存したものを飲むようです。

e0129842_23553143.jpgさて、その蔵茶ですが、ミルクティー仕立てで飲みます。

チベットミルクティーとかバター茶とか呼ばれますが中国語では「酥油茶」。

ミキサーのような形のヘラのついた容器に煮出したお茶とヤクのミルクから作ったバター、塩を入れて、攪拌してできあがり。

表面にバターの油が浮いた、お茶と言うよりスープのような味。

お口に合うかどうかはその人次第!

・・・ですが、普通にミルクティーだと思って飲むと、マズすぎて驚きますので、
注意しましょう。

チベットの人たちはこのお茶が大好きらしく、お寺では僧侶が、玄関先ではおばあちゃんが、カフェでさえ老若男女問わず、ポットいっぱいのこのお茶を飲んでいる姿を目にします。

チベットの厳しい自然環境は、お茶の栽培に向かないだけでなく、野菜やお肉など、食料を生産することに向いているとは言えないため、人々はこのお茶からビタミンやミネラルなどを摂取するのですね。また非常に乾燥した気候もお茶で栄養補給をするというスタイルが適しているのかもしれません。

e0129842_2352085.jpgちなみにヤクはこんな動物。農耕馬(牛?)としても働く、チベットの生活には欠かせない動物です。


e0129842_23512624.jpg
そして、ヤクのバターはこんな感じで売られています。バター茶にするだけでなく、お寺ではろうそく代わりに。参拝する人は手に手に、この塊や溶かしてポットに入れたものを持って、お供えしつつお参りするんですよ。


いつの日か、またチベットが外国人の私たちに開放され、訪れる機会があれば是非この味を体験してくださいね。
早く自由が訪れますように・・・
[PR]
by paocha08 | 2008-03-23 23:49 | その他お茶
市場でお茶を買ってみる
さて、今日もお茶市場(茶城)の話の続きです。

やる気のないお茶市場で買い物してみよう!編(笑)。

日本ではあらかじめ袋に詰められたお茶を買うのが一般的ですが、ここ中国のお茶市場では、必ず試飲して、自分で納得のいくものを好きなだけ買う量り売り方式が一般的です。というのは、卸を兼ねているせいでもあるのですが。

いいんですよ、大人買い。
茶葉1kgとか3kgとか、、、
日本のお店で言ったら正気の沙汰でない買い方も全然問題なし!

ただ、とにかく試飲はしましょう。
中国茶は同じ種類のお茶でも、産地の違い、季節、製茶方法、グレード、さらには保存状態で、味が全く異なります。試飲してみないことには、知ってるお茶でも味がわかりませんから。



市場内では、お店の前を通りかかるとe0129842_1193619.jpg
(やる気があればね)

「なんのお茶が欲しいんだー?」
「試飲していく〜?」

と声をかけてきます。
店内には、試飲コーナー(?)が必ずありますので、そこにドカッと腰掛け、
体勢を整えて、本格的に試飲に入りましょう。

飲んでみたいお茶を言えば、飲ませてくれます。
もしくは、店主オススメのお茶が勝手に(笑)出てきます。

そして、小さな茶杯に飲んだらつがれ、飲んだらつがれと何杯もつがれます

数杯飲み干して、お茶が出なくなると、
たいてい、勝手に次のお茶が出てきます。

そして、また小さな茶杯に何杯もつがれます

また数杯飲み干して・・・(以下同文)



次に飲みたいお茶を聞かれることもありますけどね、もちろん。
いずれにしても、完全に茶腹ですよ、もう。
途中でトイレに中抜けするのもありですからね。

そして、基本的に、もう要らないとか、帰るって言わない限り出てきます。
購入するお茶を詰めてもらって、お会計終わってからも、
まだ飲んでいけ、って言われるので、お会計でさえ、終了の合図にはなりませんから(笑)

ということで、欲しいお茶はどんどん遠慮なく言いましょう。
あるお茶を飲んで、味に納得がいかない場合は、グレードの違うものを尋ねてみるとか、もっと香りのよいものが欲しいとか、もっと味の濃いのがいいとか。

そもそもなんのお茶が欲しいのかもよくわからないときは、緑茶とか烏龍茶とか、
そんな言い方でも大丈夫。店員さんが適当に勧めてくれますから。

ちなみに鉄観音などは冷蔵庫に真空パックで保存されていて、試飲を頼むと
封を切るところからスタートしますが、実はその袋、そんな状況を想定済みで
元々ものすごくながーい袋を使っていて、試飲毎に、開封、密閉を繰り替えせるようになっていますので、恐縮・遠慮は不要です。

ということで、試飲して、お値段も聞いて、納得行くものだけ購入しましょう。

購入は大抵のお店で、大抵のお茶が50gからです。
(高価なものだと30gとかそれ以下ということもありますし、逆にとても安いお茶だと100gということもあります。)

例えば100g欲しい場合でも、一気に飲みきれない場合は、50gを2つにするなど、
小さい単位の包装にしてもらうと、保存が便利です。

最後に。

どこでも、やはりニセモノがつきものの中国。
私は出会ったことがありません(と思いたい)が、中には品質の悪いお茶を売ったり、違う商品を違う名前(安価な品種を高級品種として、など)で売っていたりすることがあるようです。

中国のお茶はとても奥が深く、ほんとにお茶を知るにはかなりの勉強が必要だと言われていて、こういった商売は、故意のこともあれば、店員の知識不足から来る無意識、あるいは間違った理解によることもあるようです。

ですので、最後に信じるのは、自分自信。
五感はもちろん第六感まで十分に働かせて、美味しいお茶、追求しましょう〜。
[PR]
by paocha08 | 2008-03-19 23:13 | お買い物
お茶の城
お菓子の家とかじゃありません。本日のお題は「茶城」。

お茶の城って・・・?!

e0129842_19552329.jpg


こちら。
私のよく行くお散歩先、天山茶城。
高速沿いに突如現れる中華なその建物の中は、お茶市場。
お茶道具、お茶っ葉のお店、その他骨董品とか古美術屋が、
ぎっしりとなんと300件以上入っているらしい。
どうやら最近宿泊施設までオープンした模様。

建物に近づくだけで、お茶のよい香りがしてきて、シアワセな気分に。

小売りはもちろんですが、卸も兼ねているので、街中のお茶屋さんよりも
かなりお手頃に道具や茶葉が買えて、種類も多くそろいます。
なので、初めて来ると、

1. どうしたらよいかわからなくて途方に暮れる
2. 目に異様な輝きを湛えて戦闘態勢に入る

のいずれかのパターンになります。
え?私?

もちろん!パターン2。

一見有意差なしの同じようなお店がずらりと並んでいる上、
店員さんが、これでもかというぐらいやる気がないので、
一般的には前者、パターン1の方が多いようですけど。

ちなみに店員さんのやる気のなさ度合いと言えば、

賭けトランプに高じている、もしくはそれを観戦している
店内でご飯を食べてたり、みかん食べてたり
常連客(?)とおしゃべりに夢中
携帯でメールを送るのに忙しい
読書に夢中
バトミントンで勝負中
爆睡中(店先の商品をいじっても気がつかない)
隣の店でおしゃべりしていて、そもそも店主不在

などなど・・・

そして、あ、少しやる気?かと思うと
携帯からおもむろに顔を上げて、髪の毛いじったりしながら、

「ジャスミンチャ、ウーロンチャ、オイシイ!」

・・・って、もうダマされコースの典型か?
と思うようなカタコトの日本語だったり(笑)

この商売風景(?)は、特にお茶市場に限ったことではないので、すっかり慣れて、
別に怪しいとか、ダマされる!とか、思わなくなりましたけど、
観光客なら間違いなく、ドン引きですな・・・(苦笑)

そんな市場、私にも最初はあるわけで、どこに入ったらよいかわかりませんでした。
だって、有意差なし、やる気なし・・・ですから。
で、結局、

店員さんの

で選びました。
どこのおやじでしょうか・・・(爆)

結果的には見る目があった(?)らしく、最初の訪問からかれこれ3年のお付き合いになるお茶屋さんになりましたけど。
そのお店を初めココでのお買い物のお話はまた今度。


<天山茶城HP>
http://www.dabutong.com/


追記:相変わらずアクセスブロックが続いています。
コメント返せなくてごめんなさい。
[PR]
by paocha08 | 2008-03-13 20:15 | お買い物
高級でございます。
12月に試験を受けて、早2ヶ月半。

高級茶芸師、ここに誕生! 祝\(^O^)/

e0129842_18562745.jpg


本日証書を頂き、これで人様にも証拠を提示でき、堂々と言えるというもの。
(赤い表紙のです。青いのはそれぞれ中級茶芸師と中級評茶員)
これなしじゃ、自称だもんね、ただの。
自称高級茶芸師シャンユエン・・・って、怪しいこと極まりない。

いや、実は合格していることは先生からは聞いてたんですよ、大分前から。
でも・・・




証書の表紙がない




って、さすが中国ですな(-。-;)

いやいや、実は点数が足りなくて、水面下で先生と試験運営機関が
協議してたんじゃないかとか、ま、いろいろ思って、心配しましたが

e0129842_18592026.jpg無事、合格。
そして・・・

成績優秀には、あと1点・・・足りなかったorz

さすが詰めの甘い女。
ともあれ、高級茶芸師です、今日から。
(プロフィールも早速変えてみたりして・笑)



相変わらず、ブログ見られません・・・
先日、「カム!」編集部さんと頂いたコメントをメールでやりとりして、
代理で返信コメントの書き込みもしてもらいました。
・・・やれやれ。お手数・ご不便おかけします_(._.)_

更新だけはなんとかできるので、ぼちぼち更新します。
どうぞよろしく。
[PR]
by paocha08 | 2008-03-09 19:05 | 資格
中国茶ソムリエ?
相変わらず、上海からはこのブログ、およびエキサイトブログに
アクセスできない状態が続いています。
コメント下さっている方、ほんとうにごめんなさい。


気を取り直して、本日のお題です。

先日ご紹介した「茶芸師」に次いで、中国茶の資格を自己紹介を兼ねて、もう一つ。

本日ご紹介するのは「評茶員(師)」。
こちらも、もちろん中国の労働社会保証部認定の国家資格。
茶芸師同様、こちらの資格にも5段階のレベルがあります。
初級、中級、高級評茶員に評茶師、さらに高級評茶師、と。

日本で紹介されるときには「中国茶ソムリエ」などと紹介されることが多く、
ちょっと気恥ずかしいのは私だけ・・・?

茶芸師がお茶をサーブする人だったのに対し、評茶員というのはお茶を鑑定する人です。お茶の良し悪し(グレード)を評価するんです。だから、一般的には市場関係者とか卸商、茶葉店などお茶を売る仕事に就く人が取る資格です。

鑑定の仕方は、まずお茶っ葉を見て、規定に従ってお茶を煎れたら、お湯の色、香り、味、続いて茶殻を見ます。それぞれの状態を文字で表現して、最後に点数をつけます。

e0129842_026324.jpg

鑑定にはこんな道具を使用。
味見用のレンゲが中国っぽいでしょ(笑)

私、シャンユエンは勢い余って、昨年夏にこの資格の中級を取得しました。
講座に申し込んでから上述のように、市場関係者が取得するかなり専門的な
資格であると知り、

・・・え?あんまり優雅じゃなかったか?!

とか思ったりして。
いや、いいんですよ、別に、マダムじゃないし、そもそも。
マニア道をいきますからね、ハイ。

試験ですが、まずは中国的なお茶の表現、さらには中国語での評価用語を
覚えるのが大変でした。
例えば、お茶の香りで「栗香」とか「花香」という表現があるのですが、
お茶で栗の香りって、一体?!みたいな。

「なんかね、栗みたいにほくほくした香りっていうの?そういうのするじゃん。」

・・・わからん!!説明になっとらん!(笑)

多い日は1日に20種近いお茶を飲んで評価する評茶の勉強中は、
どこのレストランに行ってもついお茶を見て、評価用語で表現してみたり、
しまいに、講座のお昼休みに行った日本料理屋で、出された日本茶を見て
考え込んだときには一同、顔を見合わせて苦笑・・・

そんな感じで取得した中級評茶員ですが、今のところ茶芸師同様、
職業に活かすわけでもなく。

レストランに行っては出されたお茶を評価し・・・ただのイヤな客(笑)。
あとは自分のためのお茶購入の際、ちょっと役に立ってるだけですかね。
[PR]
by paocha08 | 2008-03-04 00:34 | 資格
こんにちは、茶芸師です
こんにちは。
プロフィールに茶芸師と書いておきながら、説明なしでした。
茶芸師のシャンユエンです。

ということで、本日のお題は「茶芸師ってなんだ?」です。

芸するの?

いえいえ、お茶煎れるだけですよ。美味しくね。
あ、一応、美しさも求められてるみたいですけどね。
(みたいって・・・)

茶芸師というのは中国の職業の一つで、労働と社会保障部(日本の厚生省にあたると言われています。)が認定する国家資格です。この資格は、ホテルや茶館などでお茶を提供する人、そういったお店を開業する人に必要とされるものです。これらの人は、正しい知識の下、お茶を提供する義務があるわけで、その能力を備えているかどうかを国家試験により判定されるわけです。試験にはペーパーと実技があり、政府公認の試験官により採点されます。試験内容はお茶の歴史、文化、製造方法、種類、入れ方から、茶館での接客、中国における労働法まで。実技ではお茶を煎れたり、数種類の茶葉を見分けたり。
レベルは初級、中級、高級茶芸師、さらに茶芸技師、高級茶芸技師を加えた5つです。

中国茶はとても歴史のあるものですが、実はこの茶芸師、歴史が浅いです。
2002年から。

・・・すみません、浅すぎですね(笑)
でも、浅いんですもの。
茶館やレストランのサービスを一定レベルに、もしくは向上することを目的として設定された職業ですので。なので、この資格はこういった職業に従事したい人、もしくはすでにしている人が主に職業訓練校などに通って勉強し、取得します。

と同時に、ここ上海で、中国茶は日本人奥様に人気の習い事。
一つの中国文化として興味をもたれる方、市場に出回る多くのお茶を美味しく飲みたいというグルメさんなど、たくさんの奥様が中国茶教室に通っています。
そして・・・

はまって、どうせなら、せっかくなら!と

資格も取っちゃえ \(^O^)/


e0129842_040022.jpg私ももれなく、そんな一人でございまして中級茶芸師までを取得済みです。
(ちなみにグルメ派☆笑)

でも、茶芸師とったからプロってわけじゃないんです。
日本でも教員免許とか調理師免許とか持っていても、それを仕事にしているとは限らないし。運転免許だって、取っただけじゃ、車の運転は上手にできないですもんね。

ということで、ペーパー茶芸師にならないように日々お茶を飲み続け、煎れ続けるわけですよ。で、今日も茶腹なわけです(笑)




ところで、数日前から現在に至るまで、このブログを始め、エキサイトブログ全体がここ上海からは見られません。

なぜ?

それはもちろん、ブロックされているからですよ。
誰に?

そりゃもちろん、国(こちらの)でしょうな・・・
これ以上は語りません。

でも、そういうこともあるんですよ。
そして、誰だー!どこだー!xxなこと書いてるのは〜?と
上海ユーザーは思っているわけですよ。
そして、ちょっと「え?私じゃないよね?」と思って振り返ったり(爆)

はいはい、ほんとにもうこれ以上は語りません。
1日も早く、ブロック解除されますように!

※サーバーの関係上か、なぜかアップはできるのですよ。
アップしたものは見られないけど。

それから、記念すべきコメント第1号が入ってるのに、なんてことでしょうか。
ごめんなさい。
コメント入れていただいているのだけはわかるのですが、
読めない、お返事できない・・・少々お待ち下さいませ。
[PR]
by paocha08 | 2008-03-01 23:59 | 資格