<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
5千年の知恵で乗り切れ!
皆様 残暑お見舞い申し上げます

お盆も過ぎて、ほんの少し、風が涼しくなったような気がします。
いかがでしょうか。

オリンピック開催地の北京、そして、上海も日本同様暑い夏です。
私自身は北京の夏は体験したことがないのですが。
上海の夏は、日本同様、蒸し暑く、そして紫外線が半端じゃありません。
沖縄の何倍とか言われているそうで、ほんとに刺すような日差し。
そして、体感気温は50度に迫る勢いで、毎日のようにゲリラ雨・・・
こんな蒸し暑いお天気を中国語では

悶熱

と言います。
悶絶の熱さ・・・気持ち伝わりますねー(苦笑)

先日も書きましたが、こんなに暑いのに、中医学的には冷たい飲み物御法度です。
その代わりに、中医学の知恵で、身体の熱を取ってくれる食べ物、飲み物を摂ります。

例えば、スイカ、キュウリ、それに緑豆。
スイカや胡瓜はそのままでも、ジュースでも。
緑豆はお汁粉のようにして食べたり、または煮た上澄みをスープのように飲んだり。

e0129842_1958866.jpge0129842_19595861.jpg


写真はレストランで頼んだピッチャーのスイカジュースと緑豆を煮たものです。

さらりと書きましたが・・・キュウリ。
中国人のキュウリ好き、これには驚きます。

バスに乗ってたら、車内になんだかキュウリの香り・・・
見れば、とある乗客がいっぱい買ってきた胡瓜を1本、そのままがぶり!
隣にいた車掌さんにもお裾分けして、二人でがぶり♪
キュウリって意外とにおう食べ物なんだな、と知った瞬間。

地下鉄のホームで、ベンチに座っていたバドミントン帰りの若いカップル。
やおらバックからきゅうりを取り出し、二人で一本ずつ♪
そのままがぶり。
そのまま乗車・・・

タクシーに乗っていたら、信号待ちで運転手さんが
ダッシュボードからなにかを取り出した。

・・・わっ、出たっ、キュウリだ!

ええ、もちろん、普通に運転しながら、がぶり!でございます。
おかげで車内、キュウリのアロマ満載・・・

どちらさまも、生キュウリを塩もつけずにそのままガブリ。
しかもキュウリ、日本より大きいの。2倍くらい?

レストランでは絞りたてキュウリ100%のジュース、これ定番です。
私は飲んだことがありませんが、見たまんま、想像したまんま、
100%キュウリ味だそうな・・・(笑)

話がだいぶそれて、お茶の話を忘れていました。
お茶にもいくつか身体の余分な熱を取るといわれているものがあります。

e0129842_2042613.jpg
e0129842_2043891.jpg


こちら、菊花茶2種類。
お茶というより、菊の花そのものですが。

飲み方は、そのままお湯を注ぐだけ。
西洋のハーブティーでカモミールのような味と言ったらよいでしょうか。
もう少し、漢方的な味と香りがして、好みが分かれるかもしれません。

なので、プーアル茶やときには緑茶とブレンドして飲むこともありますし、
クコの実と混ぜて飲んでいる方もよく見かけました。

夏ばて対策に、中国5千年の知恵、取り入れてみますか?
まずは手軽で安い、キュウリから??
[PR]
by paocha08 | 2008-08-20 20:15 | 花茶
蓋碗さえあれば
e0129842_1259349.jpg

先日、ジャスミン茶を入れるのに登場した蓋付きの茶器、蓋碗。
自宅で中国茶を簡単に、でもちょっと雰囲気出して楽しみたい、という方には
初めての中国茶道具として、これ、オススメです。

中国茶らしい道具であるだけでなく、デザインも様々で可愛いし
お茶を入れて、そのまま飲んでもいいし
急須としても使えて
それに茶葉を選ばずどんな茶葉にも使えるから

急須として使うときは、蓋を少しだけずらして、
注げば茶葉は出てきません。

ちょっと熱いので、持ち方に慣れるまでは我慢ですが(笑)

こちら私のお気に入り蓋碗。
可愛いので、まだ道具としては使ったことがありませんけど・・・

e0129842_1322959.jpg


開けると中にも金魚。
蓋のてっぺんには「福」の文字。
e0129842_1324050.jpg



さてさて、オリンピックもそろそろ半分でしょうか。
暑い北京、できるだけ暑さをしのごうと、前半は室内競技を中心に
屋外競技は後半にもってきたという噂です。

もうメディアでもお馴染みになりました
中国語のがんばれ「加油!」(ジャーヨー)。
中国語を初めて勉強したとき、小さな驚きでした。

「油を加えろ!」

さすが、食の国、中国・・・

でも、この場合の油は、ガソリンのことらしいです。
ガソリンスタンドは中国語で「加油站(駅)」。

ちなみに、野球は「棒球」、バドミントンは「羽毛球」、サッカーは「足球」。
見ただけで納得の漢字ですね。

水泳は「游泳(遊泳)」で、平泳ぎは「蛙泳」。
よって、金メダリストの北島選手は「蛙王」・・・なんだかなぁ(笑)
[PR]
by paocha08 | 2008-08-15 13:24 | 茶具
オリンピック記念
オリンピックが始まりましたね。
開会式、皆さんは見ましたか?
中国の文化史を紹介する構成で、途中「茶」の字も浮き出されていました。
長い開会式でしたが、聖火点灯までがんばれましたかね?

北京は8日の日、突然、お休みになったそうで。
開会式を見て、あれだけ街中に花火仕掛けられちゃ、
テロとかそんな可能性以外にも、警備が厳しくなるわけがわかった気が・・・(笑)

シャンユエン、過去にないほど暇な夏なので、これから連日、
家に引きこもって、テレビ漬け、オリンピック三昧な毎日になる予定♪

さてさて、開会式まで楽しみにとっておいたお茶があります。
オリンピック記念の中国茶

その名も

2008开湯(=開湯)

e0129842_13523817.jpg
e0129842_13524980.jpg


とあるプーアル茶メーカーがオリンピックを記念して
3年前の2005年に作ったプーアル茶の餅茶です。
以前、プーアル茶は熟成させて楽しむとご紹介したと思うのですが、
これは開催年の2008年に開けて飲むことを想定して作られたお茶。
現時点で3年の熟成ということになります。

煎れてみれば、湯色はとっても済んだ褐色。
イヤな臭さもなく、すっきりとしたお茶でした。
茶殻もプーアル茶としては今まで見たことがないくらい、
ぷっくらとしていて、柔らかい。
国の一大行事オリンピックの名を語るぐらいのお茶ですから、
メーカーもかなり力入れたのかも?

中国が国の威信をかけたオリンピック、
一体どんな展開になるのでしょうか?
[PR]
by paocha08 | 2008-08-10 13:55 | 黒茶・プーアル茶
冷たいお茶
中国の行事は旧暦で動いています。
行きつけのお茶屋の子に誕生日を聞いたら、誕生日まで旧暦で答えて、
考えなくちゃ新暦が出てこなかったときには驚きました。

昨日、日本は立秋。中国は七夕でした。
最近は中国版バレンタインデー(情人節)として、定着させようという動きもあるみたい。
日本みたいに短冊を飾ったりする習慣はありません。
でも、男性が女性に花束渡したりするみたい。
e0129842_1532189.jpg

写真はいつもいくお茶屋さんの子がダンナさんからもらった
花束もといチョコ束(?)です(笑)



暑いので、中国茶もなかなか飲む気になれません。
冷茶にでもすればいいのですけどね。

中国では実は冷たい飲み物、御法度です。
冷蔵庫の普及がなかなかということもあると思いますが、
中医学的に冷たい飲み物はカラダを冷やすのでよくないんだそうな。
だから、レストランでビールを頼んでも「冷たいの!」と言わないと、
必ず室温のビールが出てきます。
「冷たいの!」って言っても「ない!」って言われることもありますけど、、、

そんなわけで、中国茶の世界でも教科書に冷茶の入れ方は出てきません。
水出し〜茶とかいう茶葉も見たことないし。
暑いときに熱いお茶を飲む、これ中医学の基本!

でもねー・・・ってことで
e0129842_1533445.jpg

鉄観音の冷茶、煎れてみました。
濃いめに煎れて、一気に氷に注いでみました。

水出しとか普通に煎れたものを冷蔵庫で冷やすとかいろんな方法があるようですが、
飲みたいときにすぐ飲めて、茶葉の持っている成分をすべて出し切れるこの方法が好きです。2煎目、3煎目も出せるしね。

ただ、冷茶にすると湯気が立たない分、香りが上らないので、
茶葉はちょっと古くなったものとか、やや安価で香りが足りないものを使ってます。
[PR]
by paocha08 | 2008-08-08 15:35 | その他お茶
茶芸師引っ越す〜日本到着編〜
e0129842_23443150.jpg

ということで、航空便で送った茶葉たち、発送から約2週間で再び手元に。
大型段ボール2箱分、想定20kgの茶葉たちは、さすがに税関に怪しまれたらしく

開封されてる・・・

一箱だけね。
テープ張りしてあるところを丁寧にカッターで切り、
再度テーピングしてありました。
中身はいじった形跡なし。

どんだけいじっても、底まで覗いても申告通り

全部、茶葉ですから!!

・・・ははは、参ったか、税関(笑)


そして、それからさらに2週間後、いよいよ船便到着。
はい!3箱の茶器。
e0129842_23451134.jpg

先ほどの茶葉といい、茶器といい、ミカン箱を大きくしのぐ、最大級の段ボールさ。
ちなみに私、梱包には手を出してません。
なにしろ保険金額を書くので手一杯でしたから。

ただ、過剰包装(梱包?)なのは、知ってました。
はい。
e0129842_23291750.jpg

ここから、出てくるのが
e0129842_23311018.jpg

e0129842_23313522.jpg

これ。

こっちの包みは
e0129842_23294130.jpg

これ。これだけ(笑)
e0129842_23295868.jpg

一箱開けると
e0129842_23314848.jpg

中味はこれだけ
e0129842_233228.jpg

梱包材(紙)はこんなに。

ほとんど、紙じゃん!

ほとんど中身の原型がわからないほどに梱包されてたので、
開封するときは、なんか福袋開けるみたいでちょっと楽しかったのでした♪


ちなみに帰国に際して、ダンナが取引先の中国の会社から頂いたもの。
これ

e0129842_2349286.jpg
e0129842_23493966.jpg


オリンピック記念銀(?)。
なんか木箱にものものしく鑑定証とかシリアルナンバーとかと一緒に入ってます。
Ag999で純銀だそうな・・・(-_-;)

最近、お土産などに多いそうですね、オリンピック記念品。
皆さまの会社にも取引先からもらったの、ありませんか?
[PR]
by paocha08 | 2008-08-06 23:54 | その他
茶芸師引っ越す
e0129842_17224495.jpg


日本への帰国約1ヶ月前、ここから茶芸師シャンユエン、猛ダッシュ。
お茶教室に、お買い物、レストラン制覇・・・
心残りは禁物ですから。

お茶教室は二つを掛け持ち。さらにうち1つは、振り替えに振り替えを重ねて、
結局、教室は週に3回。
そして、教室が終わったら、お茶市場へ買い物に、さらなる知識の獲得に。
途中で食べたお昼ごはんは飲茶だったりして、ほんとに1日お茶三昧の日も。

だってね、そりゃ焦りますよ。
上海にいれば、1つ15円の茶杯も日本に帰れば300円。
お茶にしたって、30円のお茶が300円は下らない。
手に入らないモノもたくさんあるし、
そもそも、お店そのものが少なくて、本で目にしたお茶を

「試飲しに行こう〜♪」

なんて、ふらっと出掛けて30分後には試飲、なんてこと、できないのですから。

ということで、シャンユエン、ゆっくりお茶を煎れる暇もなく猛ダッシュ。
で、出掛けた先で飲みまくって、日々茶腹。

そうして集めた茶葉と茶器。
いよいよ引っ越し本番で梱包されたら、茶葉2箱に茶器3箱・・・
どうよ、どうなのよ?

保険をかけるのに、パッキングリストを引っ越し会社の人が作ってくれるんだけど

「あのー、この茶葉、一つずつ書けないので、まとめて重量で
・・・何キロぐらいですかねぇ?」
「うーん、じゃ、20kgで!」

茶器は適当だけど、一応数えながら梱包してリスト化してくれました。
でも、

コップ 10個、ポット5個

とか書かれてるので、なんのことかよく分からず、
キッチンの普通の食器かと思って、保険金額書き込んでました。

茶具とか茶葉って、中国で買う値段と日本で買う値段が全く違うので
保険金額として、どっちの値段を書くべきか、迷ってたのですよ、
梱包作業前までは。

ははは・・・わけわからないうちに、終わってしまいました。
ま、いいか、結果として、たぶん日本での購入金額を書き込んだことになってるし。

ちなみに茶葉はすべて航空便です。
船便だと湿気ちゃうから。
[PR]
by paocha08 | 2008-08-05 17:38 | その他
帰ってます
e0129842_1258964.jpg

突然の白状ですが・・・

上海在住茶芸師シャンユエンですが、
実は4月2日にて、日本に帰国しております

現在東京在住茶芸師シャンユエンでございます。
大変、失礼いたしました。

このブログ、2月に始まって、4月に帰国って、
あまりに

すぐだろ!

ってことで、しれーっと、さも上海在住かのように続けさせて頂いておりました。
すみません。

で、今日、白状してみて、このブログ終わっちゃうのか?
というとそんなことはなく、、、普通に続けます。

なんだ・・って、言わないように。

じゃ、なんでこのタイミングで白状したかと言うと
オリンピックもいよいよ今週末。
上海という中国の一部から発信しているのに、
言及しないわけにいかないでしょ、オリンピック。
でも、その街の様子とか報道、市民の反応とか、お伝えできないわけですよ。

そりゃ、ちょっと心苦しいから、ね。

ということで、本日より、

上海在住改め東京在住にて、

茶芸師シャンユエンが引き続き中国茶ブログをお送りいたします〜
これからもどうぞよろしくお願いします。


ちなみに、オリンピックは中国語で「奥林匹克運動会」。
つまり”オリンピック運動会
ちょっとカワイイ(笑)

日常的には「奥運会」と言います。

そして、オリンピック開催都市は、北京。
実は北京と上海、仲が良くありません。
政治的に見てもそんな感じがするし、市民レベルでも対抗意識剥き出し(笑)
なので、上海人の間では

「ふん、あれは北京のイベントでしょ」

的雰囲気や発言があったり。
実際、街の看板も1年くらい前にオリンピックの宣伝看板が掲げられる前に
2010年に開催される上海万博のものが掲げられたりして。
e0129842_12593665.jpg


でもねぇ、一応、上海で開催される競技もあるんですけど。
ま、北京オリンピックと言っておきながら、1500kmも離れた上海で
競技しちゃうのもどうかと思うんだけど。
(ちなみにさらに1000km離れた香港でも競技があるんですけど・・・)

さてさて、中国初開催のオリンピック。
どうなりますことやら?
[PR]
by paocha08 | 2008-08-04 13:05 | ご挨拶