<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
茶殻なひととき〜続き
茶殻を食べるお話をしましたが、今度は他に活用するお話。
e0129842_0285844.jpg

わが家でさえ、友達と半日お茶すると、どんぶり一杯になる茶殻。
生ゴミの半分くらいが茶殻だったりすることも。
中国茶って、特に茶殻が立派だし、どうにかならないものか・・・と。

お茶屋さんとか、どうしてるんだろうか?

ちらっと、特許なんぞ見てみたら、
やっぱり活路を見いだそうとしている様子が見て取れました。
飲料メーカーともなろうものなら、そりゃ大変な量で、処分コストも大変なもの。

初期のころは、やはり飼料とか肥料とかに。
最近は、消臭剤とか除菌剤とか、緑茶成分配合系のものに
再利用されるのはもちろん、抗菌効果のある紙にされたりしてますね。
名刺などで見かけることがあるかと思います。

でも、活用の前に、どうやって腐敗させずにストックするか、
輸送するか、という技術の方がネックだったみたい。
特に日本茶の茶殻なんて、家庭でもあっという間に痛みますもんね。

茶殻の活用方法、一生懸命模索しているらしいのは、
やはり日本茶飲料の大手メーカー伊藤園。

特許のデータベース見てたのですが、
伊藤園、ほんとうに力を入れているみたいで、HPには専用ページがありますね。

最新の開発商品は、昨年11月末に発表した茶殻入り健康サンダル

「葉かなくっ茶」(はかなくっちゃ)

らしいですよ(笑)

シャンユエン家、どんぶり一杯の茶殻は、
とりあえず、段ボールコンポストを作って、堆肥化しています。

今度の春には、この堆肥で家庭菜園!
[PR]
by paocha08 | 2011-01-29 00:35 | その他
茶殻なひととき
先日行ったイベント「茶遊会」
1つご紹介していなかったコーナーが。
最初のお部屋では「富士宮焼きそば」と日本酒、それにお口直しのほうじ茶が振る舞われたのでした。
お酒は、中国茶杯サイズのおちょこで。
ほうじ茶は、おしゃれなコーヒーメーカーで抽出したものを。
e0129842_2331109.jpg

で、焼きそば。
横にちょこっと添えられているのは、お煎茶の茶殻。
ま、茶殻と言っても、1煎しか煎れていないそうなのですが。
深蒸し茶なので、茶葉が細かくて、ペースト一歩手前ぐらい。
これを混ぜて頂きます。
ほどよい苦みで、あっさり。
ちょっと面白い楽しみ方でした。

e0129842_2343403.jpg

玉露などの高級茶で、しっかりした茶殻の場合は、
お浸しにしたり、ポン酢をかけて食べるという手があるようですね。
ポン酢は、宇治の宇治茶道場でも体験したし、先日Youhuaさんから分けて頂いたお茶でも。

中国茶は、茶葉がしっかりしてるから、どっちもムリですけどねぇ。
e0129842_003466.jpg

揚げて、チャーハンのトッピングにするという話を聞いたことがあります。
食感も楽しめて、美味しそうかも。(←まだやってない、、、)
[PR]
by paocha08 | 2011-01-24 23:58 | その他お茶
茶を遊ぶ
e0129842_11463377.jpg

ずっと行ってみたかった築地の「うおがし銘茶」のイベントへ。
うおがし銘茶は、築地に本店を置く、日本茶のお店。
お得意なのは静岡の深蒸し煎茶だそうです。
e0129842_11464851.jpg

イベントは、その名も「茶遊会」。
店舗に併設されたイベント&カフェスペースを1階から5階まで廻って、
お茶とその楽しみ方を1階ずつ、全部で5種類紹介してもらえるというイベント。
お一人様、ワンコインの500円!
e0129842_1148353.jpg

e0129842_11474993.jpg

こんな和食カフェのようだったり、隠れ家フレンチのようだったりするスペースで
いろんなお茶を煎れてもらって、
e0129842_11482748.jpg

e0129842_11481584.jpg

e0129842_1148466.jpg

お菓子も頂いて、大満足。
e0129842_124054.jpg

最後は「茶太郎」(玄米茶)をお持ち帰り。

次回は3月だそうです。
銀座の店舗にあるお茶室もオススメ。
[PR]
by paocha08 | 2011-01-23 12:13 | その他お茶
金のつく烏龍茶
年明けにおめでたそうなお茶ということで、「金」のつくお茶
金柳条」を選んで、今年最初のお茶にしました。

その後、お茶箱を整理していて発掘したお茶。
e0129842_22482691.jpg

武夷岩茶「金鳳凰」。
すっかり忘れてました、存在を・・・
一袋相当昔に飲みきって、もう一袋あったの忘れてたんですねぇ。
これを機会に開封。
e0129842_22504225.jpg


とっても縁起のよい名前なんだけど、特に由来は見当たらず。
どうやらかなり最近なにかとなにか(説明になってない・・・)を交配させて作った
新しい品種のようで。

「原産:岩茶科学研究所」

・・・って表記さえ、ネット上に。
岩茶の研究所って、かなり個人的な茶葉会社みたいな感じで
たくさんあるんですけど、どこだろうか・・・
一応、この茶葉も有名な岩茶科学研究所ブランドなんですけど。
[PR]
by paocha08 | 2011-01-20 22:57 | 青茶
新春じゃんけん大会
あまり書いていませんでしたが、昨年末、お煎茶のお稽古と前後して、
実は茶道(裏千家)のお稽古にも通い始めたのでした。

春から秋にかけて裏千家が直々に開講する初心者のための6ヶ月教室に通い、
それで終わりにしようと思っていたのですが。

週に1度、時間を忘れ、いつもと違う静寂と緊張感の中で
美しいお菓子とお茶を頂く、その時間が忘れられず・・・

e0129842_2153232.jpg


修了後、近所のお寺でやっている教室に改めて通い始めたのでした。

さて、そんな教室での初釜。
初釜の日には、恒例で、お寺さんが福引きをして下さるそうで。
実際にはじゃんけん大会だったのですが。

e0129842_21521610.jpg


ビギナーズラックか、2等賞♪
橙のお茶碗を頂きました。

はい、もちろん、お稽古に精進いたしマス!


初心者のための茶道教室、2011年4月開講分は
1/25受付開始・・・みたいですよ。
夜の部は特に定員になりやすいので、お早めに!
[PR]
by paocha08 | 2011-01-15 22:07 | その他
世界が恋した宜興
なぜか更新ラッシュ。

先日のお茶会サントリー美術館内のお茶室で開かれたのですが、
お茶券には美術館の入館券がついていました。

サントリー美術館は、ただいまマイセン磁器の300年という展覧会開催中です。

おいしいお茶を頂いたあとは、美しい磁器を見学。
展示の一番最初は、なんと、宜興の紫砂の壷(瓶?)を真似したもの。
1715年の作品だそうです。

おおーっ。

マイセンは有田焼きの影響を受けているものだとばかり思っていたけれど、
宜興の影響も受けてたんですね。

ちょうどその頃、日本で始まったお煎茶。
お煎茶の世界でも、宜興の紫砂壷は貴重で羨望の的だったよう。
中国茶界で、緑茶を紫砂壷で淹れると言ったら、驚かれそうだけど・・・。
現在のお煎茶の本でも、宜興の紫砂壷やその他の中国の朱泥の茶壷が紹介されています。
e0129842_2241317.jpg


さて、マイセンですが、他には、景徳鎮かと思うような
かなりシノワズリな絵付けのものがたくさん。

なにより!
ブルーオニオンが、実は中国の陶器に描かれた
桃、竹、芍薬、ザクロなどをモチーフにして生まれたものだったとは!

ザクロを知らなかったドイツ人が、これは、オニオンだ・・・
ということにして(笑)生まれたブルーオニオン。

陶磁器に全く疎い私、とっても勉強になりました。

その昔、世界が憧れた紫砂壷。
何気なく使っていたけれど、ちょっと尊敬の眼差しで。
e0129842_22445985.jpg

[PR]
by paocha08 | 2011-01-13 22:50 | 茶具
初のお茶会
先日、初めて中国茶以外のお茶会に行かせて頂きました。
e0129842_2394143.jpg

お煎茶のお茶会です。
・・・行かせてもらった、という微妙な表現は、
お席にも入れて頂きつつ、お水屋なんかも見せて頂きつつ、
お茶会とはどんなもんぞ?という見学のようなものだったから。

玉露を頂き
e0129842_2312544.jpg

お菓子を頂き
e0129842_23125917.jpg

お席を替えて
e0129842_2315430.jpg

点心(お弁当)と、大福茶(梅干しと昆布が入ったお茶)を頂き
e0129842_2316658.jpg

e0129842_23203963.jpg

占めて1時間。

e0129842_23152348.jpg


・・・足、しびれました(爆)
[PR]
by paocha08 | 2011-01-12 23:27 | その他
自家製
うちにはみかんの木があって、毎年みかんがなるんですよ。
無農薬どころか、肥料もやってないのに、鈴なりになるみかん。
今年は春からのおかしな気候のせいか、7〜8個というところでした。

そんなみかんを
e0129842_2131095.jpg

くり抜いて。
e0129842_21225369.jpg

干して。
e0129842_2124691.jpg

e0129842_21235724.jpg

詰めて。
e0129842_21243230.jpg

結んで・・・みました。

これ↓とはだいぶ違うけど。
e0129842_2128961.jpg


みかんの香りがほんのりついた普洱と鉄観音(濃香)になるか?!
[PR]
by paocha08 | 2011-01-11 21:30 | その他お茶
2011、一番茶
2011年、最初のお茶は、
おめでたそうな色「金」つながりで選んでみました。

e0129842_23335070.jpg


武夷岩茶「金柳条」。
細長い茶葉の形からついた名前です。
縒りも強いので、茶葉は何煎飲んでもよれたまま。

残念ながら、葉の形から名前がつけられたので、
このお茶にまつわる物語などは見あたらず。

お茶箱(ただの段ボールだけど・・・)をごそごそしていたら、
他にも「金」のお茶が出てきたので、そちらはまた次の機会にでも。
[PR]
by paocha08 | 2011-01-10 23:53 | 青茶
新年快楽!
e0129842_1114145.jpg


あけましておめでとうございます。

ちょっと忙しくて、12月中旬からはお茶を淹れてる暇もなく
そのまま休暇に突入して、ギリシャで2011年を迎えました。
写真は帰国便から見えた富士山。
ほとんど雲と同化してますけど・・・。

e0129842_1110548.jpg


ギリシャは、お茶ではなく、コーヒー系文化圏。
お茶系トルコとコーヒー系イタリアに挟まれて、
どっちかしら?と思っていましたが、完全にコーヒー圏でした。
しかも、コーヒーは、お隣イタリアの影響を受けて、
エスプレッソ&カプチーノが流行中のようでした。

さて、新年一番のお茶は、なににしましょうか。


今年もまた、茶腹にお付き合い下さいませ。
[PR]
by paocha08 | 2011-01-03 11:19 | ご挨拶