<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
スパークリング☆春
美味しいという声とはうらはらに、なぜかシャンユエン家では
連敗が続いている中国茶のスパークリングもの。
いくつかトライしているうちに冬になったので、
実験休止中でしたが、気温も上がってきたので、久々に。

スパークリングとしては、鳳凰単枞がメジャーですが、
今回は、白茶で。

・・・でも、もったいなさが先に立って、
茶葉は、最もリーズナブルで、わが家で在庫豊富な寿眉
そして、春なので、桃の花を入れてみました。

e0129842_17433036.jpg


うん、悪くないな。
季節モノってことで。
[PR]
by paocha08 | 2011-02-27 17:48 | 白茶・黄茶
はじめての茶席づくり
e0129842_2248951.jpg

昨年からちょいちょい参加させて頂いている会があります。

「現代茶席研究会」

Tea waveさん主催の会です。
Tea waveさんのブログの作りからも、会の名前からも敷居が高い感じなのですが、
無所属茶芸師の私、面識もなかったのに、入れて頂いております。

さて、その研究会、今回のテーマは「中国茶とうつわの可能性」。
テーマもやっぱり敷居が高い・・・(笑)

中国茶は初めての陶芸作家さんがイメージを膨らませて茶器を創作。
それを使って、参加者の皆さんがお茶席を作る、お茶を入れる、楽しむという試み。

こういう試みそのものもが日本の中国茶界で初かもしれないのですが、
私にとっては、そもそもお茶席づくりが初めてだったので、
敷居の高さとは裏腹に、かなり楽しく参加させて頂きました。

チームで作ったお茶席は、試行錯誤の末、こうなって、ああなりました(笑)

e0129842_22263486.jpg

e0129842_22273072.jpg


ちょっとポジションを変えるだけ、色を交換するだけで、
がらりと印象が変わる茶席。
少しのアイテムでこれだけ変わるのか、とちょっと驚き。

e0129842_22335631.jpg

e0129842_2232992.jpg

e0129842_22324221.jpg


うつわはレースをあしらったモダンなもの。
蓋碗の頭のポッチはお寺によくある玉ねぎ型のもの(「擬宝珠」というらしい・・・)がモチーフでしょうか。レースもいろんな角度から見ていると、イスラムとか、どこか西アジアに通じるものを感じます。
それでいて、端正な形は、モダンな洋食器のようですし、
材質も、陶器のようで磁器のような、中性的な風合い。
洋食器として、洋食の席にも合いそうなうつわでした。

このうつわから、中国茶とうつわの可能性どころか、
食卓の可能性まで追求できそうです。
[PR]
by paocha08 | 2011-02-23 22:50 | 茶具
2回も飲める
雪でスタートした今週。
みるみるうちに積もって、1時間で5cm、
朝までに10cm弱というところでしょうか。
e0129842_23355221.jpg

翌日10℃超えで、あっという間に溶けてしまいましたが。

さて、先週末のこと、日本茶セミナーに行ってきました。
e0129842_23393954.jpg

ずらりとならんだ日本茶。
それでも、中国茶に比べると圧倒的に品種も種類も少ないのだけど、
日本のものだけに、出処や歴史、変遷がはっきりしていて、
奥深くまで知ることができそうです。
なんか、こう、隅々まではっきりしている、言い切れるというこの感じ、
中国茶の世界にはない感覚で、ちょっと新鮮(爆)

セミナーの先生は、お茶屋さんのご主人なのですが、
この方、海外への日本茶普及活動も熱心にされている方です。

海外(欧米)で日本のお茶を売るとき

「皆さんがいつも飲んでいるお茶(粉砕した紅茶)は1回しか飲めないけど、
このお茶は2回(煎)も飲めるんだから、決して高くない!!」

と言って売り込むそうな。
どっかで聞いたセリフ・・・(笑)

「このお茶は8回も飲める!!だから高くない!!」

上海の市場で定番の文句。
中国茶では、8回とか10回がよくあるパターンでしょうか。
最高15回ぐらいまでは聞いたことがあるような・・・

アジアのお茶売り、回数は違えど、同じこと言うんですね。
[PR]
by paocha08 | 2011-02-19 00:09 | その他
情人節快楽!
Happy Valentine's Day !

テレビを見ても、電車に乗っても、もちろんお店を通っても、
どこもかしこも、バレンタイン一色だった3連休。

チョコレートとお茶ね〜

と思いつつ、、、
目に入ったのが、ガトーフェスタ・ハラダのホワイトラスクだったので

e0129842_2348181.jpg

e0129842_23475583.jpg


・・・こうなりました。

お茶は、鳳凰単枞の「雪春」。
半年くらい前に、このホワイトラスクと単枞の組み合わせを
とあるお茶会で教えてもらって、ちょっと感動的だったので。
こんなに甘くて、がっしりしたお菓子に合うと思わなかったわ。

単枞は、いろいろありますが、花香のものより、
フルーティーな感じのものが合うと思います。
オススメ!
[PR]
by paocha08 | 2011-02-13 23:54 | 青茶
私的に新春らしいお茶を
e0129842_1730231.jpg

旧正月も10日が過ぎようとして、
ようやく今年の干支、うさちゃん登場・・・

新年らしいお茶って、なんだろうか?
と再び、手持ちのお茶を順に思い出してみて。

ちょうど考えていたのが、立春の日(2/4)で、
暖かかったのもあって、春らしく、清々しく緑茶。
そして、ちょっとめでたそうで、高貴な感じで蘭の香りつき。
「蘭韵甘露」を。

e0129842_17395075.jpg


全く今日の気温に合ってないですけど、、、
雪ならテンション上がるけど、冷たい雨にはがっかりな3連休デス。
[PR]
by paocha08 | 2011-02-12 17:49 | 緑茶
春節で節分
皆さん、新年好!

今日は旧暦の1月1日。
中国系の地域は、本日新年を迎え、大盛り上がりなことでしょう。

日本は節分で、豆まき。
スーパーは恵方巻き売りに一生懸命。
なぜかケーキ屋さんが、ロールケーキ売りに一生懸命(笑)
たしかに、ロールケーキの丸かぶりには、憧れるわ〜

お向かいの子供が、元気に「鬼は〜、外!」とまいていたので、
うちも
e0129842_2259367.jpg

お正月旅行で買ってきたギリシャ特産のピスタチオを捲いて
・・・なんか違うな、と思いつつ。


ダンナの指摘で思い出したのだけれど、そういえば、
中国語でピスタチオは縁起がよいのですよ。

「開心果」

開心=嬉しい
なので、なんか縁起よさそうでしょ。

中国の方々、お正月には6〜8つぐらいに分かれた丸いお皿に
ナッツやドライフルーツなど、おつまみのようなおやつを盛り、
挨拶にやってきたお客さんに振る舞います。

縁起のよい名前の「開心果」もその代表的な一品らしいですよ。



適当に手元にあった「豆」っぽいものを捲いてみた割に、
うまいことまとまった(笑)
[PR]
by paocha08 | 2011-02-03 23:08 | その他
そろそろ虎じまい
12月は仕事が忙しく、
年末年始は旅行で留守にして・・・

大掃除(普通の掃除も・・・)はもちろん、新年の準備もせず
2011年を迎えたシャンユエン家。

お正月旅行で戻ってきた後も、12月のツケで
発熱してみたりして、本調子に戻らなかったのを理由に
気がつけば、そのまま1月終了〜
e0129842_020272.jpg

壁に、虎かかってますけど・・・

お茶道具周りに飾っていた虎たち、さすがに中国も新年を迎えることですし、
そろそろ片付けましょうかね、、、

その前に虎狩りの成果をば。
e0129842_0243073.jpg
e0129842_23141314.jpg
e0129842_0244020.jpg


ほとんど友人emilinちゃんに協力してもらい
、、、というか頼って集めてもらった虎。
(emilin、謝謝!)

だって、日本は、新年を迎える前にすでに虎完売だったんだもの。
日本の季節商品、前倒し過ぎるわ・・・。
e0129842_024534.jpg

入手し損ねたと思った虎のお懐紙は、夏を過ぎた頃、
お茶箱の奥底から発見されました。
12年モノ・・・(笑)
しかも、そのなんというか、情けない顔。
決して12年間忘れ去られていたからではあるまい。


さて、日付が変わってしまいましたので、本日2月2日は大晦日。
今年の旧正月は2月3日で、節分と重なりましたね。

みなさま、卯年が幸多き年でありますように!
新年快楽!!
[PR]
by paocha08 | 2011-02-02 00:34 | 茶具