<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
週刊茶腹日誌 5月第4週
テレビボードがきて、テレビがようやく直置きじゃなくなりました。
低すぎて、ダイニングから字幕見えなかったんだよね・・・・

そして、新入りルンバ。
e0129842_21352792.jpg

「今日のルンバ日記」を書きたくなるほど、いろいろやらかします。
昨日は、いない間に扇風機のスイッチ、オン!
本人は、素知らぬ顔で、ベースに戻って、充電されとりました・・・
ま、そのうち、ぽろぽろこぼしてる茶葉もきれいに掃除してくれることでしょう。

今週は、とても久しぶりにお茶会へ。
お茶会どころか、きちんと淹れたお茶を頂くのも、久しぶり。
お茶業界が盛り上がる新茶にも、すっかり乗り遅れていて、
中国茶マニア、失格な今日この頃。
e0129842_21374010.jpg

e0129842_21371161.jpg

e0129842_21375331.jpg

お庭の素敵な和室に、しっとりと落ち着いた設えで、
香り高いお茶をゆったりと。

和室使いは、茶道や煎茶道の十八番のはずなのだけれど、
中国茶の方々は、お客様にくつろいでもらおう、という心意気がとても強いせいか、
設えも配置もゆったり、お茶会の運びもゆったり計算されていて、
もてなしの基本として、見習うべきところがたくさんあるな、と思うのです。

それはともかく。
きちんと丁寧に淹れて頂いたお茶は、とてもおいしい。
とても、おいしいお茶は、急に淹れられるものではなく、
日常的に丁寧なお茶淹れあってこそ。

早く茶盤出そー!


<茶譜>
龍井茶
東方美人
雲南野生春芽
(以上、観緑茶会)
杉林渓
岩茶 肉桂
東方美人
[PR]
by paocha08 | 2013-05-28 22:17 | 日誌
参考書
先週末は、ほんとうは上海の茶博に行く予定だったのですが、
諸事情によりキャンセル・・・上海そのものも久しぶりのはずだったのになー。

さて、今日は中国茶の本の話を。
中国茶関連の本は、出版の噂を聞いては、チェックするようにしています。
ただ、日本で出版される中国茶の本は、当然ながら、日本の中国茶事情に則しているので、バックグラウンドが大陸にあるシャンユエンにとっては、感覚の相違や時間のズレがあったりして、あくまで日本の中国茶事情を知る手段でした。

最近出版されたこちら
e0129842_2194531.jpg

「中国茶の教科書」

北京で茶葉の販売もしている方が書いた中国茶とその周辺にまつわること。
いろいろ賛否両論あるようですが、北京の市場に通っていらっしゃる著者のバックグラウンドがとてもよく現れた本だと思いました。

多量の出処不明な情報が錯綜する大陸ですが、それらの情報を断定せず、曖昧にもせず、とても上手な言葉でまとめていて、ブログを含め、情報発信するときには、お手本にしたいと思わせる解説ぶりです。
紹介されている茶葉のセレクトは、市場でよく見かけるお茶、最近注目されているお茶、売り出し中(?)のお茶など、ごく最近の大陸の市場事情がよく反映されている感じがします。いわゆるお茶ではない花茶が比較的多く掲載されているのも大陸らしいところ。
日本の中国茶事情からすると、なぜこっちでなく、そのお茶選んだ?と思うこともあるかもしれませんが、大陸の市場からすると、かなり納得なラインナップ。

茶葉を始め中国語にはピンインとカタカナの発音が振られています。
日本語読みがないところは、駐在ならでは。
カタカナの発音は、学校で習った中国語と同じなので、すんなり読めて、ストレスがありません。

あ、ここ重要です。
誤った発音や、訛りを記載した本は、イラっとするだけでなく、中身の信憑性まで疑いたくなるので・・・でも、語学教材の本でさえ、誰に聞いたんだ?と思うぐらい、意味不明な発音、訛りが書かれている本、多いんですよねぇ、中国語。

ということで、日本では、あまりメジャーではないお茶もたくさん網羅されているかもしれませんが、大陸の市場ではよく見るお茶、トレンドのお茶が網羅されているので、大陸在住の方、大陸の市場に行かれる方には、とても参考になる本かと思います。

ということで、久しぶりに中国茶の本を購入したのでした。
次回の上海行きに向けて、予備知識の蓄積を・・・
[PR]
by paocha08 | 2013-05-21 22:14 | お買い物
週刊茶腹日誌 5月第2〜3週
e0129842_2356059.jpg

食後とおやつ時間はお茶ですが、土日の朝はカフェラテ。
新しいコンロは、火力がほどよいのか、クレマができますよ。

e0129842_23595710.jpg

「久しぶりやん!3週間も、どないしとってん?!」
「ここ、どこですの?」



・・・ということで、茶器の開包も徐々に進行中。


<茶譜>
坦洋工夫紅茶
六安銀針
凍頂烏龍 熟香x2種
阿里山烏龍
岩茶 肉桂
[PR]
by paocha08 | 2013-05-21 00:08 | 日誌
週間茶腹日誌 5月1週目
やっと週刊な週間茶腹日誌に戻れた・・・

4月末〜5月1週目、GWは、半分以上現実逃避に買い物に出掛けたりして、
結局、茶箱の隙間から取り出せたお茶を飲みました(笑

買い物に行ったドラッグストアで、無駄遣いx2。
e0129842_0214083.jpg

e0129842_0223918.jpg

タニタ食堂の有機金花プーアール茶と黒烏龍茶(海東ブラザーズ)
バスララ和漢温浴(白元)

金花プーアール茶とは、これまた、大陸の流行を
意外に早く取り入れましたな・・・チャレンジャーな感じだけれども。
それから、黒烏龍茶って、登録商標じゃなかったんだね。
・・・あらま。

どちらも中国人監修なんだろうな、と思わせる甘みとクリアさでしたが、
ちょっと酸味の気になるお茶でした。

そして、入浴剤「中国緑茶の香り」。
どれだけ分かる人が世の中に存在すると思ったのよ、白元さん?
響きもイメージもそんなにキャッチーじゃないし、
なぜそんなマニアックで、しかも、微妙な香り設定にしたのか・・・
企画者にインタビューしたい気分になりつつ、浸かりました(笑


<茶譜>
正山小種
凍頂烏龍茶(熟香)

<お湯>
バスララ 和漢温浴 「中国緑茶の香り」
[PR]
by paocha08 | 2013-05-09 00:45 | 日誌
週間茶腹日誌 4月3〜4週目
転居して2週間が経過しようとしています。
間取りも収納もすっかり変わってしまったため、茶道具の定位置は、未だ検討中。
もはや懸案事項になりつつつ・・・

引っ越しの日、旧居での最後のお茶は、旅行用茶器で。
e0129842_9232232.jpg

お布団とわずかな掃除道具だけしか残っていないおうち。
テレビと電子レンジ、残しますか?と聞かれたけれど、
それは搬出してもらって、ポットだけ。

茶海は驚くほど水切れが悪くて、半分くらいのお茶がこぼれちゃうので、
蓋碗と茶海をコップ代わりに、茶葉を直接入れて。
今朝まで住んでた部屋は、家財道具が出て行くと、ニオイも空気も音も変わって、
古くなった阿里山烏龍なのに、際だつ香り。

丸5年、お世話になりました、と、
転居先の茶空間をいろいろ妄想&心配しながら、最後の一杯。


<茶譜>
阿里山烏龍
凍頂烏龍
陳年凍頂烏龍
銀針六安
[PR]
by paocha08 | 2013-05-06 09:39 | 日誌
新ご近所
転居して、10日が過ぎました。
2度目の週末。

現実逃避ばかりで、荷物がちっともさばけません・・・
(平日は、仕事だしね、一応。)

たまにさばこうとすると、決まって、どうでもよいものばかりが出てくる。
味噌汁を作る鍋さえないのに、3段重ねの蒸籠と寿司桶
箸もないのに、ランチョンマット

・・・ま、そんなもんです。

ということで、今日もいいお天気なので、お散歩(笑)

同じ市内で、一駅隣に引っ越しただけなのに、畑いっぱい。
e0129842_2336105.jpg

そして、お茶っ葉いっぱい。
畑の生け垣にお茶の木が使われているところが多く、
現在、新芽伸び放題!!

道草じゃないけれど、お茶っ葉摘み摘み通勤したくなる・・・
e0129842_23365459.jpg

[PR]
by paocha08 | 2013-05-03 23:48 | その他