<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
餅入刀
e0129842_22434229.jpg

普洱餅茶のいいところは、餅状で場所をとらないので、保存がしやすいところ。
よくないところは、その餅を崩すのに、とっても勇気がいるところ。
お正月とか、なんかの記念日とか、そういうきっかけが欲しい。

そんなわけで、なかなか新しい餅を崩すことはないのですが、
昨日は、一挙(?)2枚に入刀。
e0129842_22424280.jpg


・・・でも、ちょっと小心者なので、
e0129842_2243642.jpg

裏側の元々あるくぼみの横を、さも、くぼみの続きみたいに崩す。
そしたら、
e0129842_22431052.jpg

表からは、崩してあるようには見えない(笑)
ほんとは、端から折るように、厚み分崩すのが基本ですけどね。

e0129842_22434922.jpg

久しぶりの飲み比べ。
[PR]
by paocha08 | 2013-12-22 23:01 | 黒茶・プーアル茶
上げる
e0129842_19442923.jpg

天の邪鬼なのだけど、意外と単純で、その気になりやすい。
すっかり下がったモチベーションも、視覚に訴えられると、
なんだかできる気がしてくる。
やってみたいと思う気持ちが、ふつふつと湧いてくる。

オリンピックの競技をじっと見ていると、
水泳もスキーも、今度は上手くできそうな気がしてくる(笑)。
さすがに、一度もやったことのない競技までは、そうは思わないけれど。

e0129842_19452229.jpg

e0129842_1945232.jpg

お料理やお茶は、視覚に留まらず、五感すべてに訴えてくるから、尚更。

上がった気分を、もっと盛り上げたくて、もう一度体験したくて、
家に帰ったら、あれを淹れてみよう、
と、たくさんの「あれ」を思い描きながら帰宅する。

お茶会は、気分を上げるスイッチ。
イメトレだけは、完璧な帰り道。

たくさん、ごちそうさま。
[PR]
by paocha08 | 2013-12-20 19:58 | お茶会・セミナー
金のなるツリー
金のなる木という木がありますが、
今年、夏の上海訪問で唯一購入した割れモノ、茶玩具。
e0129842_8481928.jpg

中国版、金のなる木。
土台の船型のもの、木の上にいくつも乗っている船型のもの、
どれも元宝という、昔の中国のお金です。

のんびり、ゆったりお茶しながらも、
大きくなれ〜、増えろ〜、と願うのでしょうか。
さすが、お金大好き中国・・・(笑

クリスマスまであと少し。
空気も引き締まってきて、街のイルミネーションも映えるようになりました。
気を取り直して、最後は、ヴァチカン、サンピエトロ広場のクリスマス風景です。
e0129842_8471454.jpg

[PR]
by paocha08 | 2013-12-13 09:02 | 茶具
金の落葉
e0129842_190611.jpg


ぼんやりしている間に紅葉も見頃を過ぎて、すっかり冬。
シャンユエン、枯れ葉っぽいお茶にどうも惹かれる癖があるようです。
ずっと前に紹介した枯れ葉以外にも、よく考えたら、こんな枯れ葉コレクションが。

e0129842_1931859.jpg

2011年の普洱生茶餅なのだけど、
e0129842_193231.jpg

金飛葉・・・って、香港はネーミングセンスがさすがですねぇ。
日本語風に言うなら、金の落葉でしょうか。

お茶は、正に落ち葉的な感じで、普洱生茶餅の製造工程で出た枝葉を集めて固めたお茶。
パンの耳とか、クッキーの壊れ、みたいな、お徳用。
茶葉の品質がよければ、選別で落ちたり崩れたりした枝葉でも、
そこそこの品質は保っているでしょう・・・という発想でしょうか。
購入当初は、味も薄く、「?」なお茶でしたが、2年経って、いい感じになってます。

e0129842_193326.jpg

お湯を注げば、意外とみずみずしい枯れ葉でした。
[PR]
by paocha08 | 2013-12-09 19:14 | 黒茶・プーアル茶
乾燥注意報
e0129842_1052844.jpg

世間がどのくらい乾燥しているのかわかりませんが、
我が家は未だかつてない乾燥を記録しています。

淹れてないから曲がったのだと思ったけれど、
淹れても、淹れても、戻る気配がありませぬ・・・
e0129842_1053266.jpg

浮く茶盤。
[PR]
by paocha08 | 2013-12-05 10:54 | 茶具